1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どれどれどこどこ 

どれどれどこどこ
どれどれどこどこ中村 牧江 林 健浩

ひさかたチャイルド 2010-11
売り上げランキング : 1428299


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


娘が借りてきた絵本です。


最近、こういう絵探し絵本が大好きで、タイトル見た瞬間、
「チェッ。また絵探しかよ~。」
と思っちゃったんですが、(寝る前に読みきかせたら、たいてい探してる途中に寝てしまう・・・)
読んでみてびっくりしました。
これはちょっとスゴイですよ!
普通の、絵探し絵本とはちょっと違う!


ページにあらわれるのは、色とりどりの人物のシルエット。
犬の散歩してたり、自転車に乗ってたり、スポーツしてたり・・・。
そのたくさんのシルエットの中から、同じ色、同じ姿のものを探しだす・・・
という絵本です。


こう書くと、「簡単じゃん!」って思うかもしれませんが、
(あたしも、最初の方のページではそう思った。)
いやいや、これがなかなか難しい。
白地にシルエットだけなのにね、
シルエットだけなのに、なんでこんなに難しいんだー。
でも絶対、見つけてやるー。
と最後の方はムキになってしまいました。
そして、最終ページは、答えにたどりつけませんでした。ぐすん。


形より、同じ色を手がかりに探すと、見つけやすい、
と思ったんですけど、どうなんでしょ?
人間の目って、色の認識の方が簡単なのかも。


ところで、こんな豊かな発想の絵本を書いたのはダレなんだー!?
と思って作者を見たら、「ふしぎなナイフ」のお二人。
この二人にかかると、絵探し絵本も斬新なものになりますね。

スポンサーサイト

[2011/05/10 06:43] 遊べる絵本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/439-6cebde64


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。