1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マグナス・マクシマス、なんでもはかります 

訳が福本友美子さんなんで、手に取ってみた。

ら、大正解です!
すっごいおもしろかった~。

マグナス・マクシマス、なんでもはかります
マグナス・マクシマス、なんでもはかりますキャスリーン・T. ペリー S.D. シンドラー

光村教育図書 2010-08
売り上げランキング : 179302


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ものをはかるのが大好きなおじいさん、
マグナス・マクシマスさんが主人公。


とにかく、このおじいさん、
何でも計ったり、数えたりするのが大好き!


ウエスト周りや子どもの背丈、足の大きさ・・・なんてのは当たり前で。
しめりぐあいやかわきぐあい、近さや遠さ・・・なども計ってみる。
数えるのだってスゴイ。
空の雲の数をかぞえ、ゼラニウムの花びらをかぞえ、顔のそばかすをかぞえ・・・。


小さな紙切れにそれを書き入れるのです。


ところがある日、マグナスさんは、眼鏡を壊してしまい、
新しい眼鏡ができるまで、何もはかれなくなってしまうんですね。
(おじいさんでよく見えんからね....)

ふと。
何もはからない時間を手に入れたマグナス・マクシマスさん。
波の数でもかぞえようか、と浜辺でぼんやりしていると、
そこで、小さな男の子と出会い・・・
大切なコトに気づく・・・てな話。


男の子が、マグナスさんに手を差し出すシーンが好き。
差し出された手を見て、その手を計ろうとするマグナスさんに、
「手をつなぐために、手を出したんだよ。」
男の子が言うんですね。


男の子と手をつないで、海岸でバシャバシャやってみるマグナスさん。
その手のあたたかさで、今まで気づかなかったことに、気づかされる。
そして、家に帰ってからも、ベッドの中でそのあたたかさを思い出す。


いや、いいね。このシーン。


最近、ほんと、世知辛い世の中で、ですね。
何でも、かんでも、
「数値化しろ!」
って言われません?
特に、仕事してると。


あたしの仕事なんて、ほんと、どやって数値化しろって言うの?
て感じなんだけど、
「数値化できない仕事は、仕事じゃない。」
みたく言われるんす。


結果、
子どもの貸出冊数がどれだけ伸びてるか、
学校図書館と連携した授業が何時間あるか、
図書館を年間、何日あけてるか・・・


みたいに、何でもかんでも「数」にして報告しなきゃいけなくって。
でも、それだけで、図書館の充実度みたいなのって、計れないんでは?
図書館の必要性って、それだけじゃ分かんないんでは?


と日々、悶々としているので、
この絵本読んで、なんだか心がちょっと軽くなったりしました。


ラストで、マグナスさん、いい顔してるんだよ~。


学校図書館にも来てみて~。
子どもら、ほんと、いい顔して、図書館満喫してるからさ。

って言いたいね。




スポンサーサイト

[2011/01/05 16:17] わたしはわたし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/418-b80808bc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。