1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NO.6 #5 

感想、早く書いとかないと、忘れそう・・・

NO.6(#5) (YA! ENTERTAINMENT)
NO.6(#5) (YA! ENTERTAINMENT)影山 徹

講談社 2006-09-12
売り上げランキング : 119243

おすすめ平均 star
star衝撃の事実にびっくり〜!続きが読みたい!!
star矯正施設で見たもの
star深い結びつき…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さくさく読めちゃうNO.6。
でも、どこまでいっても、展開遅いですな。


さて。
5巻ではついに、ネズミと紫苑がNO.6の軍隊による、「人狩り」を利用して、
矯正施設にもぐりこむようです。

矯正施設の地下へたたき落とされた二人が、
そこで目にしたのは、想像を絶するような恐ろしい世界。


 目の前は闇だ。その闇の底で人が蠢く。蠢いているのだと思う。

 エレベーターに詰め込まれた人々が、床にたたき付けられ、
 重なり、蠢いている。

 絶叫がおこった。獣の咆哮に似た叫びが黒く塗り込められた空間にこだまする。
 



といった感じで。
矯正施設内の悲惨な状況が、これでもか、これでもかと続いていきます。


そんな中、他の犠牲者たちの、呻き、唸り、叫び・・・を背後に聞きつつ
紫苑はネズミの後をついていく・・・。
そして、その先には!


というところで終わる第5巻でした。


読んだ多くの人が感じたことかもしれませんが、
矯正施設の内部の描写は、ナチスのガス室を思い起こさせるような感じで・・・。
怖いです。
描写が残酷すぎて怖い・・・というより、
極限状態の中、人は人として生きられるのか・・・
というようなことを突きつけられる場面が多くて怖いです。


また、ネズミがなんだかんだ鋭いセリフで、本質的なことを問いかけてくるんですよね....


「あんたは傲慢だ。人を殺したことを救済と言い換えちまうほどに、傲慢だ。」

「その奇麗事ばかり垂れ流す口が、どんなふうに歪むのか、見届けさせてもらう。」




とかね・・・・。


で、あーだ、こーだ、と二人でやりあった末に、
だんだん接近していって、
「僕の前に、すべてを曝せ。」だの
「キスしてやる。」だの・・
といったシーンに突入していく・・・と。


これ、パターンですかね?


でも、この巻では、3巻4巻ほどのラブラブエロエロパワーは、感じませんでした。
まぁ、忘れない程度に、ちらっと出てくるくらいです。


それより、沙布の拘束シーンの方が、いやらしかったですね。
なんか、美少女マニアみたいな人(たぶん、犯人。ん?市長?てことはないよね)が、
薬物か何かで動けなくなった沙布を見下ろしながら、

「君があまりにも美しかったから、他のサンプルと同じように扱うことができなかった。
 だから、君を僕の手元においている・・・。」

とか何とか言うの。

うーん・・・。沙布、変態に拉致されちゃったのかしら・・・?

こちらも心配。


それから、NO.6に残された火藍とその周辺の人たちにも動きがあるみたいだし、
ネズミの後をついて行った先で出会った、老やら男たちは何者なのか・・?
っていうのも謎。


こうやって書いてくと、何の謎も解決せぬまま、
どんどん分からないことが増えてく感じですね。

何が謎だったか、忘れそうです。あたし。


ちなみに・・・NO6#1の感想→コチラ
       NO6#4の感想→コチラ


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/324-ae4796e9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。