1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ランドセルがやってきた 

新一年生がそろそろ図書館にやってきます。

最初の図書の時間、何読んであげようかな~。

といろいろ考え中。絵文字名を入力してくださいなんてどうでしょう?

ランドセルがやってきた
ランドセルがやってきた村上 康成

徳間書店 2009-01
売り上げランキング : 196811


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うみひこくんが、ようちえんから帰ってみると・・・・・

おじいちゃんから、大きなプレゼントが!

あけてみると、そこには、ランドセルが!

1年生のお祝いに。と、おじいちゃんがうみひこくんに贈ってくれたのです。

早速、ランドセルを背負ってみるうみひこくん。

1年生になる子の、ドキドキワクワク感が、伝わってくる絵本です。



まぁ、ありがちっちゃー、ありがちかな?(←相変わらず失礼)
って話なんですけど、出てくる小さなエピソードが具体的で、
そこにすごく共感できます。



例えば、ランドセルの箱を開けた時に、皮のいいにおいがした・・とか。
空っぽのランドセルに、何か入れてみたい気持ち、とか。
ランドセルの鍵?閉めずにおじぎしたら、中のものが全部でちゃって、
あちゃーってなっちゃったエピソードとか、とか。



あー、あるある~~~。
と思うこと間違いなしなのです。



そう考えるとコレ、新1年じゃなくて、卒業間近の6年生に読んだ方が、
いいかもですね。
自分の1年生の頃思い出して、ぐっときそう。
私もすこーし、思い出にひたっちゃいましたもん。



と思って、最後のページをパタン、としめて見開き見ると・・・・・




二人の作者(中川ひろたかさんと、村上康成さん)の、
1年生の頃の写真が、作者紹介に使われてるの!


やっぱり、思い出ひたり系の絵本かなぁ・・・!




人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/276-39e687e1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。