1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

きみのともだち 

「自分らしさ」とか、「個性」を大切に・・・・
といったテーマの子どもの本は多いのですが・・・・。
こういうアプローチのしかたの絵本は初めて読むかも!


男らしさって何?女らしさって何?
ってことを考えるのにもいいです。


きみのともだち (キラキラえほん)
きみのともだち (キラキラえほん)竹内 通雅

岩崎書店 2008-10
売り上げランキング : 252299


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サッカーよりもおままごとが、
かいじゅうごっこよりも、ぬいぐるみと遊ぶのが好きなぼく。


でもいつもあいつが、
「やーい、おとこのくせに。」ってじゃましてくるんだ。


そりゃ、ぼくだって、おとこだよ。
でも・・・・・。



学校で子どもたちに読んであげたら、案の定、
「男なのに・・・。」
「きもいー。」
の大合唱


こういう時、子どもって保守的なんだな~と思いますね。
男の子はこういうもの、女の子はこういうものってのが、
頭の中にがっちりあるみたいで。



「ぼく」のともだちの「あいつ」も、
「こいつってへんかもー。」って思ってます。
そして、「ぼく」から逃げたりします。
でも・・・・・。



「男のくせに、気持ち悪いな。」
と思ってた子たちが、読んでくうちに、
そういうことにこだわないって、かっこいいことかも!
となんとなくでも感じてくれたら、この絵本の読み聞かせは大成功!です。




人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/242-faaac96f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。