1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先生と老犬とぼく 

かわいらしい表紙の絵とは裏腹に、
なかなかにシビアなストーリーでした・・・・。

先生と老犬とぼく (文研ブックランド)
先生と老犬とぼく (文研ブックランド)むかい ながまさ はら るい

文研出版 2008-04
売り上げランキング : 248331

おすすめ平均 star
star「穴」ほどスリルはないけれど。
star子供の頃の責任感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



小学3年生のマーヴィンは、担任のノース先生から、
留守の間の一週間、先生が飼っている老犬ウォルドーの世話を頼まれます。


「あなたには、分別と責任感があるから頼むのよ。」


とノース先生から言われ、はりきるマーヴィン。
ところが、友だちにはそれを妬まれ、からかわれるはめに・・・。
また、世話をしに行っても、イヌのウォルドーは、まったく餌を食べてくれません。
家族に協力してもらったり、獣医さんに相談したりしながら、
ウォルドーの世話を一生懸命するマーヴィン。
ところが、6日目の朝、ウォルドーに大変なことが!!!



先生が、自分の留守の間の飼い犬の世話を
担任している子に有償で頼む(しかも、1週間も!)
というのもよく分からない設定なのですが・・・・。
(でも前に読んだ、「お金もうけはわるいこと?」でも、
子どもがお金もらって、お手伝いするのが当たり前のように書かれてましたね。
欧米では、子供がお手伝いで小銭を稼ぐのは、当たり前のことみたいですね。)



とにかく、この、先生から頼まれた仕事のせいで、
マーヴィンは、大変な苦労をするのです。
クラスの友だちから、やっかみ半分で、からかいの対象になるわ、
ノース先生のかわりの先生から目をつけられるわ、
世話を頼まれたウォルドーは元気がないわ・・・。
しかも、最悪の事態が起こってしまう・・・・。



こんなに一生懸命でいい子なのに、なぜ?という感じです。
しかも、周囲の友だちに底意地の悪い子がいて、読んでて気分が悪くなるのですが・・・・。
でも、こういういや~な感じ、持ってる子いますね。
反対に、マーヴィンは、小学生くらいのまじめな子の感じがよくでてるなぁと思いました。
話の大まかな筋には、「こんなことあるかなぁ~」と思ってしまうのですが、
人物描写は妙にリアルで、最後までぐいぐい読まされました。



・・・にしても。
年老いて弱ったかわいいかわいい飼い犬を、
1週間とはいえ、教え子に任せてしまうなよー。
という気持ちは、最後までぬぐえないのでした。




人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/203-844b77a0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。