1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴーストハウス 

クリフ・マクニッシュの幽霊物語、読みました。

予想はしてたけど、予想はしてたけど・・・・・・。


恐かった~~~~~!


ゴーストハウス
ゴーストハウス金原 瑞人 松山 美保

理論社 2007-05
売り上げランキング : 61437


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公は、幽霊の姿をみる力を持つ少年、ジャック。
パパを心臓発作で亡くしたジャックが、ママと新しい家に引っ越してくるところから、
物語は始まります。



この家で、ジャックは、アン、オリバー、チャーリー、グウィネス・・・
4人の子どもの幽霊と、ある女の幽霊と出会います。
「あの世」にいるはずの、イザベラという女の子とも。


イザベラの死には、何か秘密がありそう。
4人の子どもたちは、女の幽霊を激しく憎み、恐れている・・・・・。



たくさんの謎を抱えた、この家と、何かに怯えている子どもの幽霊たちの、
力になりたいと思うジャックですが・・・・・。



なんだか、映画「シックスセンス」のようだけど、
マクニッシュらしく、この物語の設定はもっと複雑。



「人が死んで、その魂が<いとしい者>といっしょに<あっちの世界>にわたらない場合は、
 <こっちの世界>にとどまるのよ。
 そして、少しずつおとろえていくの。
 魂のエネルギーがあるうちはだいじょうぶだけれど、
 なくなってしまったら、その魂は口にするのもおそろしい場所に引き込まれてしまうの。」




どうも、この物語では、今生きているこの世界と、死後の世界の他に、
もう一つ、死ぬほど恐ろしい(てか、もう死んでるんだけど)世界があるらしい。
きちんと?死後の世界に旅立てなかった者は、魂のエネルギーを奪われ、
それはそれは恐ろしい場所<悪夢の道>へ引き込まれる・・・・・・
キャー、ぶるぶるぶる



この、<悪夢の道>の描写が本当に本当に恐い
そして、その世界に行くことを拒否し続ける、女の幽霊の存在も。
女の幽霊は、娘を先に亡くしていて母親としての愛情をジャックにかけたがり、
少しずつジャックに近づいていくのです。




恐ろしい死後の世界がかなり緻密に描かれいるし、
この世に執着する幽霊の姿は、恐いの一言。
でも、一方で、幽霊がこちらの世界にとどまざるをえない、
哀しい理由を持った存在としても描かれていて、
恐い、けれど、切ない話となっています。



それにしても、マクニッシュの想像力のすごさといったら!
レイチェルにしろ、シルバーチャイルドにしろ、
マクニッシュの描く異世界にはうならされるばっかりです。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/197-38303351


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。