1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魔女の宅急便 その5魔法のとまり木 

やっと読みました。
「魔女の宅急便」のその5。
正直、1を読んだ時のドキワク感は少なくなっちゃったなぁ・・・・
(ていうか、私の感性が鈍化してるのかも
 もう20年以上前だもんね。1がでたのって)
というのが感想ですが、
でもやっぱり読んでると、心が澄んでくるような・・・・・・。
心に響くフレーズもいっぱいでてきましたよ~。


魔女の宅急便 その5 (5)魔女の宅急便 その5 (5)
角野 栄子 佐竹 美保

福音館書店 2007-05
売り上げランキング : 123989
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



13歳でひとり立ちしたキキももう19歳。
かつては不思議だったキキの存在も、
7年も暮らしているコリコの町では当たり前のものになってきています。
コリコの町長さんとウイさんの恋の橋渡しをしたり、
結婚式の花嫁さんにベールを届けたり、
ファッションショーのお手伝いをしたり・・・・・・
宅急便屋さんの仕事は順調!
でも、キキの心は晴れません。モヤモヤが続いています。
それは・・・・・・・・・・。



どういう話なのか・・・・というのを説明するのは難しいのですが、
(え?いや、いろんなエピソードがありすぎて)
思うのは、「魔女の宅急便」って、魔法物で、ファンタジーなんだけど、
やっぱりキキの成長物語なんだよなぁ・・・・ってこと。
本作では、魔法の力が弱くなったことで悩むキキが描かれてますが、
(魔法のとまり木の章です)
そこが一番おもしろかった!



魔法は、力を軽く見られたり、見せびらかされたり・・・・・
なんとなく疲れてしまった時に、『イヤケガサス』状態になるらしい。
そんな時、天と地の境目あたりにある『魔法のとまり木』にとまって、
イヤケを回復させるんだと。
魔法の力をほんの少し地上に残して。



人間も一緒かな、なんて思いましたよ。
そう思うことができたら、気持ちは少し楽になるなぁとも。
キキも自分はどんな風に生きていけばよいのか、
ってことに悩んでいる最中なのかも・・・・・。





さてさて。
大好きなとんぼさんとの恋も、いまいち進展しなくてキキはやきもき。
でも、最後に、とんぼさんは、キキにこんなことを言ってくれるのです!



生きるのはよろこびだけど、そのなかには哀しみもあるって。
でもその哀しみのなかにも、よろこびがあるんだよね。
20年前のキキもきっとおなじ目をしていたんじゃないかな。
そしてすばらしいことに、今でもその輝きをうしなっていないよ。
 



いいなぁ。とんぼさんって。
キキは、奥手なとんぼさんにイライラするんだけど、
この言葉は、キキに大きな大きな力を与えてくれたはず!
いいね!恋するって。


二人の関係は大きく進展します。
どんな風にかってのは読んでみてくださいね!
ま、アマゾンの書評とか読むと分かるかもですが、
ここでは秘密。
とりあえず、キキの物語はこれで終わりみたいです。
一つのシリーズが終わる時って・・・・なんか寂しいな。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2008/01/18 23:19] 読み物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/148-077fabdc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。