1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

狂言えほん ぶす 

これはいいかも~!
と思わずひざを打ってしまった作品。


というのも、小学6年生が国語で狂言をならうのですね。
子どもたちにとって、イマイチなじみの薄い狂言も、
この二人=内田麟太郎・長谷川義史
の手にかかると、とても親しみやすく感じるのでは・・・?


授業に関連させて紹介できそうな本を見つけると、
なんだか嬉しくなってしまう・・・。
学校を離れてもうだいぶたつのに、
いつまでも学校司書気分がぬけないのです。


ぶす (狂言えほん 1)ぶす (狂言えほん 1)
内田 麟太郎 長谷川 義史

ポプラ社 2007-07
売り上げランキング : 73076
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ところで、このぶすじゃが・・・・・ 
 そのうえを ふいてきた かぜに、 
 ちとあたるだけでも・・・・・、
 いのちをうしなう」

「なんと、ちと かぜに あたるだけで!」



主人から、猛毒「ぶす」の見張りと、
留守番を頼まれた、太郎冠者と次郎冠者。
この「ぶす」、
上をふいてきたかぜにあたるだけでも命を失う、
それはそれは恐ろしいものらしい・・・。
ところが、そのつぼを覗くと、なんだかうまそうに見えてきて・・・・



狂言の話の中でも、とても有名な「附子」。
その古典を、内田・長谷川コンビがアレンジ。
元々分かりやすい話だけど、
さらに読みやすく、これなら、子どもたちはすんなりこの世界に入って行けそう・・・!



「ちゃっとのけ!ちゃっとのけ!」
「エイエイ、ヤットナ」
といった独特の言い回しや、登場人物のセリフは
狂言の舞台の雰囲気を感じさせます。
太郎冠者と次郎冠者の掛け合いもテンポがいい!



そして、なんと言っても、長谷川義史の絵ですよね~。
大胆で、かつ、細部にやっぱり遊び心が!!!
ケチな主人を騙そうともくろむ太郎冠者と次郎冠者が着ている着物の柄は、
「見ざる、聞かざる、言わざる」
の猫バージョンだったり。
その主人の着物の家紋は、猫の足跡だったり。
二人が破った掛け軸には、アノ人の名前をもじってあったり・・・。
他にも笑えるところ、ないかな~。



それにしても、狂言ってブームなの!?
コレはシリーズものなので、狂言の題目が次々絵本化されるってことですよね。
講談社からも、もとしたいづみ版の「ぶす」が出てるみたいだし。
次は「柿山伏」、絵本化してほしいなぁ~。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2007/10/16 14:13] 日本のむかしばなし | TB(0) | CM(2)

はじめまして。狂言絵本「ぶす」をおほめいただきありがとうございます。長谷川さんともども伏してお礼を申し上げます。「柿山伏」も大島妙子さんの絵で進行中です。発売は2008年1月7日ころです。よろしくお願いします。それでは。
[2007/10/16 16:22] 内田麟太郎 [ 編集 ]

う、内田麟太郎さん

はじめまして。
コメント、本当に、本当にありがとうございます。
私、内田麟太郎さんのファンなので、本気でうれしいです。感激してます。

「ぶす」おもしろかったです。まだ学校司書なら、子どもたちに読み聞かせるのに・・・残念です。
「柿山伏」が次に出るという情報もありがとうございました!絵が変わるんですね。大島妙子さんの絵も好きなので、楽しみです!

[2007/10/17 07:26] かな [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/128-583ae0cc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。