1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほーら、これでいい 

アジア・アフリカ絵本シリーズの中の1冊。
このシリーズ、おもしろいよなぁ・・・!
特に、これは、読み聞かせによさそう

ほーら、これでいい!―リベリア民話ほーら、これでいい!―リベリア民話
Won‐Ldy Paye Julie Paschkis Margaret H. Lippert

アートン 2006-10
売り上げランキング : 406589
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


むかしむかし、あたまはひとりぼっちでした。

あたまには、あしも うでも
どうたいも ついていないので、
ごろごろ ころがって うごくしか
ありません。たべるのは、べろが
とどく ところに あるもの だけです。
 


ひとりぼっちの頭が、腕や、胴体や、足と出会い、ひとつになっていく、というお話。


頭はひとりぼっちなので、べろが届くところにあるものしか、食べることができません。
なんとかして、木の上のサクランボを食べてみたいと思うようになったある日、頭は腕と出会います。
サクランボをとるべく、二人は合体してみることにするのですが・・・


まずは、頭の耳の上あたりにくっついた腕。


「ほーら、これでいい!」 



次に出会った胴体は、あごの下に。


「ほーら、これでいい!」 


最後に出会った足は、一体どこにくっつくのーーーー???



底抜けに明るく、ユニークな展開にびっくり。
さすがはアフリカの絵本♪
発想が自由でいいです


ってゆーか、これ、リベリアの民話らしいんだけど、
リベリアってどこ


って思ってたら、すごいね!
この絵本、とっても親切。
巻末に、アフリカ大陸の地図と、リベリアという国の解説があるのです。


リベリアとは、「自由の国」という意味があり、
解放された奴隷の人たちが作った国で、
少し前まで、内戦が続いてた、
なんてことが分かります。



そんな歴史を持つ国、リベリアに伝わる物語がこの絵本。


一人ひとりが力を合わせることが大きな力になる、
というメッセージ、しっかり伝わってきます。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリックしてね人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2007/01/31 21:07] 世界の昔話 | TB(0) | CM(2)

これは、買いですねv-10
おもしろそ~!!
海外の昔話にとても興味があります。
もちろん、日本のもですけど。
情報をありがとうごいざいました。


[2007/02/07 00:28] アテナ [ 編集 ]

アテナさん♪

こんばんは♪
このシリーズ、すごくおもしろいですよーーー。巻末の解説みたいなのも読むと勉強になるし・・・。
私も昔話大好きです。
外国のは、予想外におもしろいのが多いですよね~。またおもしろいの、教えてください!!!
[2007/02/08 23:04] かな [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://madeline79.blog42.fc2.com/tb.php/101-50157e15


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。