1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

たぬきくんとことりちゃん 

ムフフ。
サトシンさんの新刊ですなぁ~。

たぬきくんとことりちゃん
たぬきくんとことりちゃんサトシン 中谷 靖彦

アリス館 2012-07
売り上げランキング : 360693


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何を言うにも、「た」をぬくたぬきくんと、
何を言うにも、「こ」をとることりちゃん。
そんな二人(二匹?)が話す言葉が本当は何を言ってるのか・・・
考えてみるって絵本。



ん?分かりにくい?




たとえば、たぬきくんがこんなことを言います。


ぼく、こぶとなかよし!
いつもいっしょに あそんでいるよ。
 




んーーーー???
こぶとなかよしーーー???
なんのこっちゃ?なんですが、この方、「た」ぬきくんなんで、
いつも、「た」ぬき言葉でおしゃべりしてる。
だから、「こぶ」に「た」のつく言葉を考えてみればよいってわけ。



ってことで、答えは・・・
そうそう。
たぬきくんが仲良しなのは、「こぶた」くん。ですね。



簡単な言葉遊び絵本なんだけど、
クイズ形式になってる、ってとこがミソかな。
めくると答えが分かるので、読み聞かせしやすいと思う。
それに、答えが簡単ってとこもよい。
簡単にわかるって大切。
これくらいの難易度だと、1年生くらいならのりのりで
答えてくれると思う。
読み聞かせ、盛り上がりそうだわ~。



短くて楽しい絵本なので、
お話会なんかの導入にもよいかも!

スポンサーサイト

[2012/08/29 06:00] ことば・ことばあそび | TB(0) | CM(0)

スイスイスイーツ 

甘いもの大好き!な我が子たちが、
めっちゃ喜んで読んでる本。

スイスイスイーツ
スイスイスイーツさいとう しのぶ

教育画劇 2012-02
売り上げランキング : 441401


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



子・母・祖母の三世代にわたるスイーツランキングに、
昔(←相当昔。江戸時代とか、石器時代とか!)のスイーツに、
世界中のスイーツ!!!
これでもかっこれでもかってくらいスイーツが出てきます。


さいとうしのぶさんが描く食べ物は、ほんっとおいしそう!
なんでだろ~?
全然写実的じゃないのにねー。
ロールケーキの上の粉砂糖の感じとか、
イチゴ大福の大福からイチゴがちょっと透けて見えてる感じとかとか。
絵はかわいいんだけど、リアルリアルリアル。
おいしそう!おいしそう!おいしそう!
甘いもの好きさんの心はぎゅっとつかまれるはず!


スイーツの紹介が主?かと思いきや!
ストーリーもいいのですよー。
スイーツと母をこよなく愛している女の子の
ラストの言葉に胸がキュンキュン。
ムスメを持つ母冥利に尽きますなぁ。
こんなこと言われたら、あたし、きっと子離れできないわー。


[2012/08/25 07:18] 大好き!たべもの | TB(0) | CM(1)

いろんなこそだてずかん 

平田昌弘さんとスギヤマカナヨさんのコラボなんで、
即、読んでみました~。

いろんなこそだて (PHPにこにこえほん)
いろんなこそだて (PHPにこにこえほん)平田 昌広 スギヤマ カナヨ

PHP研究所 2012-06-14
売り上げランキング : 638817


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「いろんなこそだてずかん」っていう架空の図鑑?
絵本?を持ってきて、お母さんに読んで聞かせるぼく。


口の中で子どもを育てるカワスズメ、
背中に子どもを乗せて運ぶヤドクガエル、
おなかにいっぱい子どもを抱えて敵から守るザリガニ・・・。


ぼくが変わった子育てをする生き物を紹介するたびに、
自分の子育てと比べながら聞いてるお母さんがおもしろい!
「忙しいから手が離せないのよ!」
なんて言いながら、
ぼくをしっかり受け止めてるお母さんがステキです。



たっぷり動物の子育てを味わった後は、
人間の子育てについても
子どもへの愛情たっぷりな平田さんとスギヤマさんの絵本らしく、
親子の愛情ががっちり伝わる1冊。
そうそう、親はみんなみんな、
大きな愛で子どもを守ってるんだよー!!!



[2012/08/21 15:01] 子育て | TB(0) | CM(0)

ぼくのトイレ 

ぼくのトイレ (わたしのえほん)
ぼくのトイレ (わたしのえほん)鈴木 のりたけ

PHP研究所 2011-08-02
売り上げランキング : 86490


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大笑いしてしまった「ぼくのおふろ」につづく、第二弾!


今回の舞台はトイレ。
トイレにしゃがんで、ぼくはまたまた考える・・・。
たまにはちがうトイレでしてみたい!って。


てことで、またまたぼくの妄想大炸裂。
ふにゃふにゃトイレに、背の高ーいトイレ。
ルーレットトイレやら、あたりを探すあてっこトイレ・・・
などなど、よくもこんなに・・・と感心するくらいの
いろいろなトイレが登場します。


なーるほど!と思ったのは、ぼくが友達にぴったりのトイレを
考える場面。
本が好きなユキちゃんには図書館トイレ。
あしのはやいケンくんには50メートルトイレ。
なんてね。
確かに、こんなトイレがあったらおもしろいや。
この場面はめくりに工夫があって、うん。やっぱり今回もサービス満点。


後半は「ぼくのおふろ」同様、トイレが個室を飛び出して・・・。
やっぱりぼくのトイレが盗まれちゃう!?
そして、盗んだヤツを探そう!っていう絵探しテイストで
お話がすすんでいきます。
うんうん。このあたりは前回と一緒ね。



おふろがトイレに変わった・・・てだけで、
構成は前と一緒なんだけど、やっぱりおもしろいものはおもしろい。
おふろもトイレも日常の、いつもの空間なんだけど、
こんなに楽しく変身させちゃうとはね。
作家さんの想像力ってすごいや!


[2012/08/01 16:00] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。