1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちいさなボタンプッチ 

絵が荒井さん・・・ってことで手にとってみたのですが。

ちいさなボタン、プッチ (おひさまのほん)
ちいさなボタン、プッチ (おひさまのほん)あさの ますみ 荒井 良二

小学館 2010-06-28
売り上げランキング : 113412

おすすめ平均 star
star幸せな結末です
star小さな女の子の優しい気持ちと、荒井ワールドの絶妙なハーモニー!
starすばらしい絵本です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作者は、声優としても有名な、浅野真澄さん・・・だったんですね~。
(てか、声優としての活躍はよく知らないんですが


あたし、この人が描くお話、結構スキなんです。
「ウルは空色魔女」のシリーズとかね、
ほんと、おもしろかった!


なので、この絵本も期待しつつ読んでみました。


主人公は、かわいらしいボタンの女の子、プッチ。
ボタンやさんで、誰かさんに買ってもらうのを待っています。


プッチを手に取ってくれたのは、これまたかわいい女の子、
エリちゃんのお母さん。
お母さんは、手作りのエリちゃんのスカートにプッチをつけてくれます。


エリちゃんは、プッチがついたスカートが大のお気に入りに!
プッチとエリちゃんは、いつも一緒。
いつまでも一緒にいられると思っていたのですが・・・。



子ども時代に仲良かった物との別れ・・・
てのは、児童書によくあるテーマなので、
(トイストーリー3も、そんな感じだったし)
展開はなんとなーく読めたんですが。



でも、ぐいぐい最後まで読めてしまいました。
なんといっても、プッチが愛らしい~
プッチの幸せ顔や泣き顔・・・が、
荒井さんの絵のかわいらしさとかなりマッチしてると思います。


結末もいいよね。
不幸なラストにはならないだろう・・・とは思っていたけど、
プッチ、こんなステキなものにリメイクされるとは!
さすがお裁縫好きなお母さんです。
見習わなくっちゃ


ボタンが主人公のお話・・・というとたかどのほうこさんの、
「お皿のボタン」を思い出したんですが、
ボタンって、ファンタジーが広がる存在なんだな~と改めて感じたのでした。


スポンサーサイト

[2010/10/06 15:13] 友だち | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。