1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ものしり五郎丸 

井の中の蛙大海を知らず的なお話

ものしり五郎丸
ものしり五郎丸にしむら かえ

文溪堂 2010-03
売り上げランキング : 393308


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本が大好きなこいぬの五郎丸。
ちっちゃな頃から、いろーんな本を読んでるので、


 「ぼく、なんだって しってるよ 」 


と自信満々。


ある日、一人で、家の外にお散歩に出かけることに。
にわとりも、子どもも、雨もかえるも、
本で読んで、知ってるはず・・・だったのに・・・!?



あー、こういうことって、あるある・・・!と思えるストーリー展開です。
本や知識で、知ってるつもり、分かってるつもり・・・
でも、実際に体験してみるとしてみないじゃ、全然違うってことね。



五郎丸に、本物のニワトリが、本物の子どもが、雨が、カエルが・・・
本では教えてくれなかったことを教えてくれます。
ちょっぴり怖い思いもするけど、この経験で、
五郎丸はさらにさらに大きく成長したはず。



本だけの知識でもダメ。
でも、本読んだり、お勉強せずに経験積むだけでもきっとダメ。
五郎丸は、本読んで知識を積んでたから、
一人でお散歩の経験がぐぐんっと生きたんじゃないかな~って思います。


いろんなことが分かるようになって、
本も一人で読めるようになって、
ちょっと知ったかぶり~をするようになったお子さんと一緒に。
(うちのコだ!)
親子で苦笑い・・・できるかもですよ~。
スポンサーサイト

[2010/09/25 10:36] 成長 | TB(0) | CM(0)

ヒックとドラゴン6迷宮の図書館 

最新刊は、図書館が舞台!

ヒックとドラゴン〈6〉迷宮の図書館
ヒックとドラゴン〈6〉迷宮の図書館クレシッダ コーウェル Cresida Cowell

小峰書店 2010-08
売り上げランキング : 8715


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日はヒックの12歳の誕生日。


・・・にもかかわらず、トゥースレスのせいで、
迷宮のような図書館にしのびこむことになったヒックたち。


図書館には、侵入者の命を容赦なく奪い取る恐ろしい図書館員や、
ドラゴンたちがうようよしている。


ヒックらは、目的の本を盗み、無事、図書館から
脱出することができるのか・・・!?


↑アマゾンのサイトから、あらすじをちょっと拝借しました


うれしいな~。図書館が舞台だなんて!
と司書なあたしは思ってしまったんですが、
なんでも、バイキングの世界では、図書館は危険な場所で閉鎖されてるんだとか。
なぜなら、本は、人をかしこくする危険なものと考えられていたから。
誰にも読まれないように、重装備した兵士たちに見張られているのです。


・・・なるほどね。
確かに、本はある意味、危険なもの、とも考えられますよね。
いろ~んな考え方に触れる可能性大だし、
人の価値観を変えてしまうことだってあるし。



が、しかし、文系男子のヒックは図書館に、本に憧れてるきらいがあります。
図書館に忍び込んだ目的は、トゥースレスがダメにしちゃった本を盗むこと、
だったんだけど、結果的に、本はバイキングの役に立つものってことを、
お父さんに訴えることができたんだからお見事。
うまい展開。
さすがヒックです。


司書としては、冒険ものなんだけど、
本のよさをアピールしてる感のあるストーリーなんで、いいな、
と思ったんですが、
う~ん、ハラハラドキドキ度は今までの中で一番少ないかな。
アルビンも出てきませんしね。
やっぱ、アルビン、出てこないとね。



5巻までのより、すこしぶ厚いので、期待したんですが、
なぜぶ厚いかというと、
巻末に、ヒックが書いた「ヒーローによる最強ドラゴン百科」がついてるから。
子どもはこういうのに惹かれるのかな。
あたしは・・・ちょっと面倒で読みませんでした


ヒックとドラゴンファンは必読?




[2010/09/22 12:23] 読み物 | TB(0) | CM(0)

映画「ヒックとドラゴン」 

今さら・・・なんですが、映画「ヒックとドラゴン」、
見に行きました。


予想通り、というか予想以上に、
原作と違ってた~。


まぁ、ヒックがへたれ、というキャラクターは同じなんですが・・・。


トゥースレスはかなりまっとうなドラゴンだし、
お父さんのストイックも、普通の人。
親友のフィッシュはデブだし。特別仲いいエピソードはなし。
スノットなんか、ぜーんぜん目立ってなかった。
てか、ヒックの仲間はみんないいヤツなの。
最後、協力し合ってるし。
女の子もいて、ちょっとロマンスっぽいこともあるし。



うぅーん。
登場人物のキャラがね、
原作と違う、原作と違う、原作と違うーーーーー!


と思いっぱなしの1時間30分でした。


原作知らなきゃ、楽しめたんだと思う。
でも、あの、テキトーでわがままなトゥースレスや、
かなり底意地の悪いスノット。
頼りになるんだかならないんだか分からない、
けど、親友で大切なフィッシュ。
かーなーり、おバカな父ちゃんストイック・・・


ていう、個性的な登場人物たちを愛してるあたしとしては、
うぅーん。原作の持ち味を壊さないでーーーーと思ったのでした。



ま、あのお話の面白さを、1時間30分程度にまとめるのはムズカシイ・・・
ってことで、仲間とか協力とかを前面に出して、
分かりやす~くしたんでしょうかね、たぶんね。



あ。でも3Dの迫力はすごかった!
ヒックがトゥースにのって飛ぶシーンとか、大迫力。
トイストーリー3より、3Dの効果は感じました。
[2010/09/10 18:54] 読み物 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。