1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

だじゃれ日本一周 

やっぱり、長谷川義史さんはおもしろいです~!

だじゃれ日本一周
だじゃれ日本一周
理論社 2009-12
売り上げランキング : 906

おすすめ平均 star
star読みながら楽しく日本一周
starいやぁ、ニッポンとられました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



日本中の都道府県を、だじゃれで紹介!
こんなふうにね。


きれいなはなが さいたまけん
バラのはなには いばらきけん
おたんじょうびを いわってけん
プレゼントには ギフトけん



基本的には1ページに1都道府県。
でも、話がつながってるページもあったり、
関連づけさせてるページもあったりで、あきさせません!


何より、だじゃれと一緒に描かれてる、
その地方の名産物を見るのが楽し。
自分の出身地はどう書かれてるの~?(だじゃれもイラストもね)
と大人でも気になっちゃうはず。


もちろん、長谷川さんなんで、イラストの中に、
遊び心がいっぱい!
細かく、細かく、読んでくと、
笑いどころがたくさん見つかります!


うまい!と思うだじゃれあり。
厳しー!と思うだじゃれあり。
(ほっかいどうがもっかいどうってどうなん?)


どこまでも、笑える絵本です。
スポンサーサイト

[2010/03/27 06:43] ことば・ことばあそび | TB(0) | CM(0)

てのひら 

「ちょっとだけ」の作者、瀧村有子さんの新刊です。

てのひら (わたしのえほん)
てのひら (わたしのえほん)藤田 ひおこ

PHP研究所 2010-02-27
売り上げランキング : 319304


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゆみちゃんは、幼稚園に通う3歳の女の子。
でも、幼稚園になかなか慣れなくて、毎日元気がありません。
そんなゆみちゃんに、ママがてのひらにマジックで、
元気がでてくるおまじないをかけてくれます。

少しずつ、元気がでてくるゆみちゃん。
でも、まだ庭で遊んだことがありません。

そこでまた、ママがおまじないをかけてくれたのですが・・・?


「ちょっとだけ」と同じく、瀧村さんの実生活から生まれた
お話なんだとか。


う~ん。瀧村さんって、子育て上手なんだろうなぁ・・・、
と思わせられるエピソードです。



私もゆみちゃん同様、かーなーり、大人しい女の子だったので、
幼稚園での不安な気持ち、お友達の輪に自分から入れない気持ち・・・
すごく分かりました。


こういう時って、無理矢理じゃダメなんですよね。
一歩踏み出すための力を、ゆみちゃんにあげたお母さん、
とってもステキです。


こういう母にならなくては・・・、と思わせられます。
「ちょっとだけ」もそうなんだけど、
瀧村さんの絵本って、子どもにより、親に読ませるといい内容ですね~。
子育て中のお母さん(お父さんもですが)必読です。



我が子も、慣れない場所ではすぐ固まっちゃうような子。
ゆみちゃんのママのおまじない、まねてみちゃおっかな~。

[2010/03/20 06:23] 頑張る!子ども | TB(0) | CM(0)

おそうじ隊長 

また出た。
わんぱく小学校シリーズ!

おそうじ隊長 (わんぱく小学校シリーズ)
おそうじ隊長 (わんぱく小学校シリーズ)
長崎出版 2009-12
売り上げランキング : 65703

おすすめ平均 star
star遊び心あふれる掃除絵本
star小学校にたくさんの“おそうじ隊長”を!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第4弾のテーマはおそうじ。

1年2組の番長たちは、図書室のそうじ係みたいなのですが、
やっぱり・・・というか期待通り・・・というか、
まじめにそうじなんてしません。


注意されると、


「なんで ぼくたちの教室でもないのに、図書室を
 そうじしなくちゃ いけないんだよ!」 



なんてことを言う始末・・・。


おそうじ隊を結成したのはいいけれど、
案の定、教室はめちゃくちゃに・・・。

そこで登場したのが・・・?


という展開で、う~ん。
前3作とパターンは一緒ですね~。


相変わらず、イラストに勢いとパワーはあるし、
所々に描き込まれた不気味な生物は健在


なんですが、書いてあることは至極まっとう。
イラストのバカバカしさと、書いてることのまっとうさの
アンバランスに笑える感じです。


真面目な人は、顔をしかめるような絵ではあるんですが、
主張が真面目すぎるくらい真面目なんで、
たくさんの人に受け入れられるのかな。

真面目な絵だとおもしろくもなんともないんだけど、
この絵だから、子ども達も大喜びして飛びつくんでしょう!



ま、実際の学校は、上級生よりも、下級生の方が
よくそうじするんですけどね~。
でも、この絵本に出てくる6年生たちの
「なぜそうじをするのか。」
という質問に対する答えは立派。
さすがは上級生です。
ぜひともご一読を!

[2010/03/18 05:39] がっこう・ようちえん | TB(0) | CM(0)

犬の目 

これはおもしろかった~。

犬の目―上方落語 (おはなしのたからばこ 17)
犬の目―上方落語 (おはなしのたからばこ 17)いとう ひろし

フェリシモ 2009-12
売り上げランキング : 288466


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾンにはやっぱり画像がないので、楽天から↓



落語が元になってる絵本です。
作者も、桂米平さんという、落語家さん。


目がズキズキ痛くなって、目医者さんにかけこんだ1人の男。
目を見てもらうと・・・


「いけませんな~。
 目がくさりかけとりますぞ。」
 



と言われ、なんと、目玉をくりぬいて、目を洗うことに・・・!

怖がる男をよそに、目医者さんは、かんたーんに目玉を取り出して、
目を洗うのですが・・・・。


何とも言えず、ブラックでシュールなお話!
でも、テンポの良さと、笑える展開に、
ついつい、引き込まれてしまいます・・・!



子どもたちは、こういう、ちょっとこわくておかしいお話が大好きですね~。
子どもらがぐいぐいお話の中に入っていくのを、
読んでて感じました。
あー。気持ちよかった。



落語なので、オチもばっちり。
最後のページを読んで、あははと笑って、裏表紙を見せると・・・
これまた意味深な絵が!


最後の最後までうならされます!

[2010/03/07 06:04] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)

くわずにょうぼう 

なんともいえず、シュールな絵です・・・。

くわずにょうぼう―日本民話 (おはなしのたからばこ 15)
くわずにょうぼう―日本民話 (おはなしのたからばこ 15)下谷 二助

フェリシモ 2009-11
売り上げランキング : 504553


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なのに、アマゾンにはまだ画像がアップされておりません。
アマゾン、おせーよ・・・。


表紙の絵はコチラ↓

わかりにくいかもしれませんが、
「くわずにょうぼう」の「く」なんて、牙むいてます。
不気味おかしい絵なんですよね~。




ストーリーは、というと、

ご飯も食べずに、とてもよく働く女房がほしい。
と思っている欲張りな男のところに、本当にそんな女の人がやってきて・・・。
男は大喜びするが、実は、その女は・・・?


という感じで、この二宮由紀子バージョンも、
あらかたのストーリーは、古くから伝わる昔話と同じ・・・なんですが、
ところどころ、現代風にアレンジされてます。


何しろ、始まりは、現代。
お母さんが台所で、


くわずにょうぼう、っていうのはね、
「たべない おくさん」という いみです。
 



と読者に語りかけるところから始まります。



にょうぼうの描かれ方も不気味でこわい。
夜、家をこっそり抜け出して、大根食べたり、
生の牛を丸ごと食っちゃったり・・・。
そして、ラストに驚愕!!!!


にょうぼうが男を食っちゃって終わるわけですから!



1年生に読み聞かせたら、


「先生、こえーよ。」 



とつぶやかれました。



確かに、「くわずにょうぼう」って、怖いお話だとは思うけれど、
こんなに衝撃的だったかしら・・・?


と思って、昔からある、福音館のを読み返してみたんですけど・・・↓



くわずにょうぼう(こどものとも絵本)
くわずにょうぼう(こどものとも絵本)赤羽 末吉

福音館書店 1980-07-31
売り上げランキング : 20403

おすすめ平均 star
starこわいんだけど面白い
starほどいた髪の間から大きな口がざくっ
star子どもが恐がるツボは・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




こんなに怖くはないでございました。

なかなかいいラストだったし・・・。

かなり、大胆にアレンジしたんですね、二宮さん。


福音館のを読み返して思ったんだけど、
読み聞かせるにはこっちかな~と。
内容がどうとか言うより、声に出した時に読みやすいんです。
二宮由紀子さんのお話は、いつも思うんだけど、
ちょっと、読み聞かせにくいんですよね。
表現がまどろっこしいというか・・・。
(すいません。上から目線で)

昔話絵本の場合、やっぱり読み聞かせがしやすいって高ポイントじゃないですか!?
口承文学ですしね。



小さい子に読むなら、福音館の「くわずにょうぼう」でしょう!
高学年の子を引きつけたいなら、二宮バージョンかな~?
と思いました。


[2010/03/04 19:07] 日本のむかしばなし | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。