1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぼくらも、みんなと同じ少年だった。 

スポーツ少年たちに、いいかな、と。

ぼくらも、みんなと同じ少年だった。~一流アスリートの生きかた応援アドバイス~
ぼくらも、みんなと同じ少年だった。~一流アスリートの生きかた応援アドバイス~
ベースボール・マガジン社 2009-06-26
売り上げランキング : 406968


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4人のプロスポーツ選手たちが、小中学校に行って、
「出前授業」をした、その記録。


4人のプロスポーツ選手・・・っていうのはですね、

ハンドボールの宮崎大輔さん、
柔道の鈴木桂治さん、
サッカーの小倉隆史さん、
ラグビーの村田亙さん、

の4人。

(どーでもいいけど、小倉選手と村田選手って、
 知らなかったんですけどね。あはは。)


一流のスポーツ選手たちの言葉には、大きな力あるな・・・

ってことを思い知らされた一冊でした。


たぶん、私のような怠惰な人間が、


「あきらめなければきっと道は開ける!」 (by宮崎)

「挑戦からはじまる!」 (by村田)


などと言っても、どっちらけになりそうだけど、
彼らが語ると、その言葉に説得力があるある・・・!


何事にも打ち込んだ人の言葉は、重いです。
そして、何気ない一言も光ってます。


個人的に印象に残ったのは、鈴木選手の授業。

授業の最初に、生徒一人一人と、握手をしたらしいんです。

このとき、目があった人もいたし、合わなかった人もいたと。

そんな生徒らに、

目があった人とは、
何かが通じたと思うし、
ぼくの何かも伝わったと思います。 


と語りかける鈴木選手。


目を合わせて相手と向かい合うのは、
人間関係の基本だよ、と教えるのです。


なるほど~。というかズキッッッッ。

あたしも、他人と目、合わせるの苦手なんだよなぁ。
なんか、照れくさくて。


しかし、そんなことでは、真の関係は作れん。と気づかされ、
最近は、目をそらしがちな6年生の目を凝視しながら、
貸返手続きをカウンターでやってます←キモイ。


それはさておき。

読んだら、何かしら生きるヒント、みたいなものを
感じられるんじゃないか、という1冊。

読みやすいので、4年生くらいから大丈夫そうですよ~。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2009/11/30 05:35] 読み物 | TB(0) | CM(0)

けいとのたまご 

タイトルがいいな、と。

けいとのたまご (えほんひろば)
けいとのたまご (えほんひろば)
小峰書店 2009-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ルリの宝物は、お母さんが編んでくれたセーター。



赤ちゃんの時から着ていて、
ほつれても、ひっかっかっても、
お母さんに直してもらいながら、毎年着てる、そのくらいお気に入り。


でも、今年の冬、セーターを出してみたら、とうとう、小さくなってしまっていたのです。


「セーターをほどいて、けいどだまにするの。
 そしてね・・・」
 


とお母さんは、セーターをほどきはじめたのです・・・。


たしかに、毛糸玉って、卵みたい。

ころころ、丸い形で、編み直したら、新しいものを生み出してくれる・・・。


読んでたら、ほんのり実家の母を思い出してしまいました。

うちの母も、昔、着てたセーターを、ほどいて私のに編み直してくれたり、
娘が産まれた時は、娘にセーターをまた、編んでくれたり・・・。


でも、最近のママで、こんなことしてるお母さん、いるのかな~???


セーター=買うものって思ってる人(←私です。)の方が多くないですか!?


そういう意味で、昭和のかほりのする絵本だなと思いました。


そう思って、絵本を読み直すと、ルリちゃんのお洋服もちょっぴり昭和ちっくだし、
縁側のある家も昭和ちっく。


全体的にノスタルジーな絵本です。


さて。
お母さんが、新しくけいとのたまごから産みだしたものとは・・・?


コレはきっと、ずーっと使えるよ!
よかったね、ルリちゃん!


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ


[2009/11/28 05:55] 子どもの四季・行事 | TB(0) | CM(0)

きんぎょ 

真っ赤な表紙に釘付け。

きんぎょ
きんぎょ木坂 涼

セーラー出版 2009-05
売り上げランキング : 506450

おすすめ平均 star
starショートフィルムのような韓国発の不思議絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


韓国の絵本なんだそうです。


数年前から、テレビや映画でブームの韓流。
絵本界でもいっぱい、韓国ものが評価されてきてる感があるのだけど、
私的には、今一歩、心惹かれない・・・
かったんだけど、この「きんぎょ」はちがってました。


とてもしゃれてて、びっくり!


韓国絵本のイメージ(=昔話が多くないですか?あと、韓国の風俗を紹介するっぽいの)
くつがえされました。


お話は、というと、おじいさんがはたらく、森のおくの図書館で、
少年ジェジェが不思議な体験をする・・・というもの。


一緒に連れて行った金魚が、水槽からぬけだし、
それを追いかけていると、ジェジェは、本の中に入ってしまうのです。


まず、舞台が森のおくの古い図書館っていうのがいいよね。
何か起こりそうなドキドキ感と、どこかにトリップしそうな雰囲気がある。
そして、赤い金魚。
幻想的でもあり、ちょっと不気味でもあり・・・。
絵本の色が全体的にセピア調なので、
真っ赤な金魚が、とても印象的に動くのです。


ジェジェが金魚を探して、そっと開いた赤い本(これも赤!)から
たくさんの金魚が飛び出してくるシーンには息をのんでしまいました。
ほんとに金魚がページから出てきそうな迫力があるんです。



後半の、ジェジェが、本の中に入り込んでしまう場面に字は一切ないのですが、
それが一層、物語の中に吸い込まれていく様子をあらわしているようで・・・。


この絵本って、ほんと、印象的なシーンには言葉がないんだよなぁ・・・。
絵が語る力を感じてしまいました。



韓国絵本の、どこかレトロな感じ(=古くさい?失礼ですが・・・)が
どうも苦手だったんだけど、これはそのレトロ感がしゃれてて、
他に見たことのないような絵本に仕上がってると思います。



ユ・テウンさん、注目しなくちゃ!



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/11/22 20:15] ふしぎなおはなし | TB(0) | CM(0)

むねとんとん 

松成真理子さんが絵を描いてる、
ってだけで読んだ本だったんですが・・・

想像以上によかったです。このお話。

むねとんとん (おはなしだいすき)
むねとんとん (おはなしだいすき)松成 真理子

小峰書店 2009-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずいぶんとしをとったので、
くまくんたちと一緒に暮らすことになったおばあちゃん。

おばあちゃんのことが大好きなくまくんは、
とってもうれしい。

でも・・・・。
おばあちゃんは時々おかしいのです。
散歩からの帰り道を忘れたり、
くまくんと作った、風車のこと忘れたり・・・。

そのことを悲しく思うくまくんですが・・・・。


というようなお話で、ずばり、「老い」がテーマになってます。(と思います。)


おじいちゃん、おばあちゃんと孫を描いたお話は多いと思うのですが、
この本は、単に仲がいい、ってだけじゃなく、
一歩踏み込んだ感があっていいなーと。


年をとっていく・・・という悲しい現実を、おばあちゃんとくまくんの二人で、
受け止めていくのがいいな、と思いました。



特に、くまくんとおばあちゃんが、どんぐりを拾う場面の会話がとても好き。


どんぐりを土にうめながら、


くまチャン 「つちにも もりにも、ありがとう。」

コリラックマ 「どんぐりの きが、うまれてくる?」

くまチャン 「きっとね。ずうっと さきの あるひ、
    おじいちゃんになった くまくんと かわいいこぐまが、
    またどんぐりを もらえますように。」

コリラックマ 「ぼくが おじいちゃんになったら、
    おばあちゃんは どんな おばあちゃんかなあ?」


それを聞きながら、むねをとんとん、とするおばあちゃん。


くまくんとの大事な思い出を、ずーっと忘れず、胸にしまっておくのです。


そんなおばあちゃんの姿を見ながら、
命のつながりや、老いるということを心で受け止めていくくまくん。


最初忘れっぽいおばあちゃんに、腹を立ててたくまくんが、
最後に(って言っても、死ぬわけじゃありませんよ!)、
おばあちゃんにかけた言葉・・・には胸がジーンとなってしまいました。


おじいちゃんや、おばあちゃんと過ごすって・・・・
言葉にしなくても、子どもに何かが伝わるってことなのかもしれないなぁ。


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/11/21 06:34] 読み物 | TB(0) | CM(0)

あかりをけすと 

意外にウケた。

あかりをけすと (学研おはなし絵本)
あかりをけすと (学研おはなし絵本)
学習研究社 2009-07
売り上げランキング : 364984


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書の時間に読む本がなくって、
苦し紛れに(失礼・・・)この本を読んでみることに。


ん・・・・?
意外にウケたかも!
1年生から3年生くらいまで、けっこう楽しんで聞いてました。


ストーリーは、というと、
夜になったので、部屋のあかりを消すと・・・・

さっきまでじっとしてたものが、
目を覚まして動き出す!という単純なもの。


居間、キッチン、洗面所・・・。
真っ暗になると、古時計がおおあくびしたり、
冷蔵庫や食器棚から、いろんなものが飛び出したり、
おばけがでてきて、はみがきしてたり・・・。


驚きなことがいろいろ起こるのです。


ページをめくると、部屋の様子ががらっと変わるという、めくりの楽しさと、
動いたものを探す、(といっても、一目瞭然なのですが)
絵探し的な楽しさがあるのかな。


めくる前、子どもらのワクワク感が伝わってきて楽しかった!


私は、夜寝る前に、部屋のあかりをけす時のちょっと怖いような、
不安なような気持ちを思い出しちゃったなー。


子ども心をつかんでる絵本なんだと思います。


・・・・が!

この絵本の一番おもしろいとこは、最後のオチ!

予想外のオチが待ってます~。

最後に盛り上がりますよ~。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/11/17 05:36] おやすみなさいの絵本 | TB(0) | CM(0)

いるかはさかなじゃないんだよ 

「おとん」の続編?姉妹編?

おとんとぼくに、また会えますウインク

いるかはさかなじゃないんだよ。
いるかはさかなじゃないんだよ。平田 景

朔北社 2009-07
売り上げランキング : 334683


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


水族館に遊びに来たぼくとおとん。

 「ねえ、おとうさん。イルカって さかなじゃないんだね」 

イルカはさかなのなかまだと思ってたぼく。

 「みためだけじゃわからないんだよ。」 

と、おとんは、いろんな海の生き物の話をしてくれて・・・?


ダイナンウミヘビっていうへびのような生き物は、実は魚。
アザラシは、ほにゅうるいで、ペンギンは・・・もちろん鳥。
カニは、エビやヤドカリと同じ、こうかくるい。
クラゲは・・・?イソギンチャクの遠い親類・・・?


なかなか水の生き物に詳しいおとん。


ちょっと頼りない解説もあるんだけど、そこがまた、おとんらしい。


二人で水族館の水槽を眺めながら、
「これは、○○るい。これは○○るい・・・」
と、生き物の仲間わけ?をするうちに、ぼくは思います。


「にんげんも、イルカも、さかなも、そのほかのも、
 みんな いきものなんだから なかまなんじゃないの?」 




と。


家族愛、人類愛・・・いや生き物愛???
なかなかスケールのでかい話になって終わります。


テーマがちょっぴりまじめだもんで、
笑いどころは少ないなぁ。
最後のオチでは、ちょっと笑えるかな。

おとんとぼくとの会話が、若干、水の生き物の解説っぽく続くので、
読み聞かせると、ちょっと退屈する子がでてくるかな~?
と思ったんで、読み聞かせはしてません。

見せると、「あ。おとんだー!」と盛り上がりそうですが。


大勢の子に読み聞かせるより、親子で読みあう・・・くらいの方が、
あってる気がするな。


相変わらずえらぶらない、それでいて、大事なことは気づかせてくれる・・・
平田さんの描く「父親」ってステキ。
ぜひとも父子で!


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/11/15 06:38] 動物となかよし | TB(0) | CM(0)

リトルプリンセスー小公女ー 

テレビで実写版やってるせいか、最近、妙に予約がつく「小公女」・・・。

子どもらの間では、やっぱり青い鳥文庫のが人気のようです。

で、読んでみました。

リトルプリンセス-小公女 新装版 (講談社青い鳥文庫 94-5)
リトルプリンセス-小公女 新装版 (講談社青い鳥文庫 94-5)藤田 香

講談社 2007-10-30
売り上げランキング : 25297

おすすめ平均 star
star小学生の「小公女」、決定版と思います
star女の子向け

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ストーリーは、言わずもがな・・・なんだけど、
忘れてたなー。けっこう・・・。

最後、一発逆転するのは覚えてたんだけど、
どうやってお嬢様に戻るのか、具体的には覚えてなかったから、
読んでびっくり。

「そ、そんな、偶然って・・・パンダ汗

みたいな。


ともかく、少女時代に読んだ時は何の疑問も持たずに読めたんだけど、
今読むと、突っ込みどころ満載でございました。

年はとりたくないですなねこ


それと、セーラが結構、気が強いんでびっくりしました。


 ミ 「お礼は言わないのかい。」 

 セ 「なんのお礼でしょうか。」 
 
 ミ 「わたしの親切にだよ。
    おまえに住む家をあたえてあげた親切にたいしてだよ。」 

 
 セ 「先生は親切ではありません。 
    ちっともそうではありあませんし、ここは家でもありません。」 



とかね・・・。

そりゃ、ミンチン先生もかちん、とくるよな、
そうでなくっても、イジワルなのに、
なやりとりがたくさんでてきます。


小さい頃のイメージでは、セーラ=いじめられてかわいそう・・・
って感じだったけど、今読むと、セーラの強さにほれぼれ・・・。


これが気高いってことなんだわ!
だから、リトルプリンセスなのね・・・!



まぁ、完訳じゃないので、原作はもっと細かいエピソードがあるのかもしれませんが、
訳は曽野綾子さんで読みやすいです。
絵は、黒魔女さん書いてる方?
子どもらが,名作全集の中の小公女じゃなくて、
こちらに飛びつくの、分かる気がします。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/11/12 05:44] 読み物 | TB(0) | CM(0)

反撃 

草野たきさんの新刊なんで、読んでみました。

反撃 (teens’ best selections)
反撃 (teens’ best selections)
ポプラ社 2009-09
売り上げランキング : 254893


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人生は思う通りにならないことがいっぱい! 
一見くじけそうな状況を、しぶとく強く、しなやかに生き抜いていく、
5人の少女たちのガールズファイトストーリー!
 
                         


うまくストーリーを説明できないので、
ポプラ社のHPから紹介文を拝借・・・。



5人の中学女子のミニ反撃のお話で、おもしろかったです。
クラスで、イヤなことが起きないようにおどけ役に徹してる女の子や
1つ年下の従姉妹のことが苦手で、でも今年こそ打ち負かしてやろうと思ってる女の子や、
フランスやロンドンや北欧みたいな、おしゃれな町に憧れてる、今の自分が大嫌いな女の子や・・・。


出てくるのは、普通の女の子・・・なんだけど、
ちょっとはみ出してたり、何かうまくいかない子ばかりで、
そこが草野たきさんらしいな、と。


一番スキだったのは、山田明子だなー。

東北の秋田にいながら、パリジェンヌに憧れてて、
マルシェカゴ持ったり、かわいいキッチンクロス使ったり、バゲット食べたりしながら、
おしゃれな生活を頑張っている・・・。
いつか、パリに移りすむことを夢見ながら。
なんか、笑っちゃいました。
その努力が逆に。
でも、そこがかわいらしくもあり。


私も地方に住むイケてない女子だったんで、山田明子の気持ちが分かる。
いつか、こんな町、出てやる!って思ってた。
お母さんみたいな人生なんか送りたくないとも。


でもね、今も変わらずココにいるんだなー。
お母さんと同じ人生とは思ってないけど、
私もすんなり、お母さんになっちゃったし。


それでも幸せだし、自分が選んできたことだからそれはそれでよかった!
って思えるのだけど、それはまぁ、大人になったから思うことで。


そうだ、中学生くらいの頃って、こんな風に悪戦苦闘するんだよな・・・
とうすらぼんやり、自分の中学時代を思い出しました。


明子の母親@6人目妊娠中の言葉がいいです。


「自分になじまなきゃ、どんな場所に行ってもなじめないわよ。」

「あんまり自分のことが好きになると、
 お母ちゃんみたいに自分の分身がたくさんほしくなって、
 外国にいくどころじゃなくなっちゃうから、
 ほどほどがいいかもしれないけどね。」 



ずばり、的を射てるんだけど、やさしい言葉。


人生、自分の思い通りにならないことばかりだけど、
自分を嫌いになったら負け。
自分だけは、どんな時も自分のことを大好きでいなくちゃー!
と励まされる、そんな一冊です。


あー!やっぱいいなー!草野たきさん。
明日、草野たきファンの子に、この本、すすめなくっちゃ!


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

おたすけこびと 

1年生が国語で「はたらくくるま」についてお勉強したので、

この本、紹介してみました。

おたすけこびと
おたすけこびとコヨセ ジュンジ

徳間書店 2007-02
売り上げランキング : 3072

おすすめ平均 star
star「おたすけこびと」、家にもきてほしいな♪
star2歳の息子のはじめてのお気に入り絵本!
star働く車好きの男の子におすすめ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


男の子と、お父さんと、お母さんが出かけてる間に、

キッチンにやってきたこびとたち。

ショベルカー、クレーン車、ブルドーザー・・・

はたらく車にのって、こびとたちが作ったものは・・・?



「ありえなーい!」  

って言いながら、何ができるのか、ワクワクしてる1年生がかわいかった!


たまごに バター、
こむぎこ、さとう、ふくらしこ。 



って言ってんのに、

「プリンだね。」

としたり顔で言う子がいたり( *´艸)( 艸`*)


はたらくくるまで、ケーキ作り・・・

このミスマッチな発想が何とも言えず楽しいんだけど、

子どもらは案外すんなりお話の中へ・・・。


お勉強したはたらくくるまが出てきて、

あれこれ言うかなーと思ったんですけど、そんなことはありませんでした



おたすけこびとのクリスマスバージョンも出てるみたい。

こっちも読みたいなー。


おたすけこびとのクリスマス
おたすけこびとのクリスマスコヨセジュンジ

徳間書店 2009-10-20
売り上げランキング : 46672


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

[2009/11/03 06:56] 大好き!たべもの | TB(0) | CM(0)

わたしはなんでも知っている 

令丈ヒロ子さんに、絵は「一期一会」のカタノトモコさん。

こりゃ、子どもらに人気でるよね。

わたしはなんでも知っている (新・童話の海)
わたしはなんでも知っている (新・童話の海)カタノ トモコ

ポプラ社 2009-07
売り上げランキング : 597244


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小学4年生にして、
「世の中のことは、なんでも知っている。」
と思っているクスコ。


地球環境のことやら国際関係のことやら、
世界サイズの問題はもちろん、
もっと身近なこと、町のうわさ話なんかにも詳しい。


お父さんが、開業医やってるから、
待合室でこっそり、患者さんらの話を聞いてるのだ。


そんなクスコが、公園で出会った奇妙なおじいさんにもらったのは、

「今まで知らんかったことが、どんどん分かる薬」 


この薬を飲んで、今より、も~っと物知りになる!
はずだったんだけど・・・?


という話。


主人公のキャラも、ストーリー運びものりがよくって、
ぐんぐん物語に入っていける。
さすが、令丈ヒロ子さん!

今まで知らなかったことが、どんどん分かる薬、
だなんて、つかみはオッケー!って感じ。


でも、物語が本当におもしろくなるのは、ここから。


この薬をもらったクスコが、どんなにかしこくなるのか・・・
と思いきや、翌日、クスコが知ったのは、
自分が知りたくなかったことばかり・・・

例えば、自分が、陰でクラスの子らに、「ハミパン」って呼ばれてることだとか、
「女の子なのに、だらしない・・・」って思われてることだとか。


なんでも知っている!と豪語してたのに、
自分のことは何にも分かってなかった・・・と思い知らされるクスコ。


しかも、「自分の知っていること」を生かして、
クラスの意地悪な女の子たちを打ち負かしてやろう・・・
とするも、空回りばかり。


なんでも知っているって悪いことなの!?
本当のことを知らせるって、悪いことなの!?

う~~~~ん・・・!


と悩むクスコなのでした。


この、人間関係のびみょーな感じ、
人付き合いの難しさ・・・

大人でもあるよね。


「本当のことを言って、何が悪いのさ!」


とへーぜんと、言える人(私の周りにいるのですよ,,,,,(*´Д`)=3)に
読ませてやりたいストーリーです。


大人でも悩む問題を、子どもの世界に上手に投げ込むの・・・
うまいなー令丈さんって!


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/11/01 09:18] 読み物 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。