1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホネホネどうぶつえん 

でましたね~きゃー

ホネホネどうぶつえん
ホネホネどうぶつえん西澤真樹子

アリス館 2009-07-24
売り上げランキング : 63673


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ホネホネシリーズ!

前作の「ホネホネたんけんたい」読んだ時から、
ぜひ続編を!と思ってたんで、とってもうれしいです。


しかも、今回は、動物園で人気の、メジャーな動物たち(の骨)がずらり。

シマウマにゾウにカバにライオン・・・そしてキリンまで。

ウヒョーッ!


私的に一番うれしかったのは、パンダの骨。

以前、「パンダの手には、かくされたひみつがあった!」を読んだ時に、
ぜひとも、パンダの骨を見てみたいって思ってたんです。

ホネホネたんけんたい、見せてくれないかなーとも・・・!

確かに、手が7本あります!スゴイ!


思ったんですけど、今回のホネホネたんけんたいは、
骨にしてしまうと、本来の特徴が消えてしまう動物がたくさん登場しますね!


骨にしてしまうと、しまうまにしまは消えてしまうし、
ぞうに鼻はなくなってしまうし、
ライオンにたてがみはなくなってしまう・・・。


だからといって、その動物に特徴がなくなってしまうわけでなくて。


そのかわり、しまうまには立派なひづめがあって、
「あー、やっぱ、馬の仲間なんだなー。」って再確認できるし、

ゾウは、鼻はないけど、鼻の穴が、
顔の真ん中にある大きな穴につながってるってことが分かるし、

ライオンの鋭い爪としなやかな体なんかにはびっくりです。


おもしろいなー。骨って・・・。
おもしろいなー。動物の体って・・・。


きっと、私たち人間の骨にも、こんな驚きがあるんだろうなぁ。
と思ってみたり。


ところで、今作は、読み聞かせにも向いてるなと思いました。

めくりに工夫してあって、クイズ形式で読むことができます。
(前作は、それがちょっと難しかった。)


学校で読みたいなー。
でも、ほとんどのクラスで、「ホネホネたんけんたい」紹介しちゃってるんです。

「また骨?」って思われそう・・・。

でも、このおもしろさ、伝えたい!


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2009/10/27 05:58] 写真絵本 | TB(0) | CM(3)

でっこりぼっこり 

この絵本、読んでてほんと、楽しかった~。

子どもらも、のりのりで聞いてくれました。

でっこりぼっこり
でっこりぼっこり
絵本館 2009-08
売り上げランキング : 562980

おすすめ平均 star
star大好きです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ある日、きょだいじんがマラソン大会をはじめてですね。

地面に、ぼっこりと穴があいてしまったんです。

そのきょだいな、きょだいな穴で、プールを作ったり、にわとりを育ててみたり・・・。

でも・・・。


どこかが ぼっこり へこめば
どこかが でっこり でっぱる というもの。 



地球の裏側では、あしあとのでっぱりができちゃった・・・というわけ。

きょだいじんが、地球マラソンの二週目で、
このでっぱりあしあとを、ふみつけながら走ったからさあ大変!


・・・というお話。


きょだいじんがマラソン~!?
きょだいじんのあしあとがでっこりぼっこり~!?


かなーり、ありえんー!な設定なんだけど、

一方がへこめば、その反対側はでっぱる・・・

ということには、納得・・・の子どもたち。

「これは・・・ありうる?
 ・・・いや、ありえんやろ!?」

とのりつっこみしながら楽しめてしまいました。

空想と現実のバランスがね、なんだか絶妙なんです。

どのクラスでも読み聞かせるのが楽しみ!
って絵本に久々に出会った感じです。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/10/25 05:57] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)

ココロあみーご ウチらのキズナ / いじめ 負けない勇気 

子どものリクエストで入れてみました。

あー。また予約いっぱいつくんだろうなぁ・・・。

ココロ・あみ→ご ウチらのキズナ (ちゃおノベルズ)
ココロ・あみ→ご ウチらのキズナ (ちゃおノベルズ)
小学館 2008-08-09
売り上げランキング : 249618


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちゃおの企画小説らしいです。

表紙の3人の、性格の違う女の子がそれぞれに恋をして悩む・・・というお話。

一応、小説の形式をとってるけど、マンガ読んでる気分でした。
(ま、ちゃおなんでね.....)

さくさく読めるし、出てくる女の子のタイプも恋のシチュエーションも、
べたな少女マンガにありがち・・・!


・・・と恋から遠ざかったおばちゃんは思ったんですが。

でも、恋に憧れる小学生女子は、きっと、きゅんきゅんしながら、
読むんでしょう照れ笑い


話の間、間に、お菓子のレシピやら、占いやら心理テストがはさまれるのが、
今人気の、「一期一会」っぽいなーと思ったんですけど。


こういうの、はやりなのかしら・・・?


個人的には、一期一会の方がスキだな。
カタノトモコさんの絵がスキ。
こっちのおめめキラキラキラキラにはついていけませんです。


こちらもちゃおノベルズ。
同じく子どものリクエストのリクエストで入れたんだけど、
こっちの方が読み応えありました!

いじめ-負けない勇気- (ちゃおノベルズ)
いじめ-負けない勇気- (ちゃおノベルズ)
小学館 2009-09-17
売り上げランキング : 186373


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


名前も顔も知らない、いじめに悩む3人の女の子が、
あるインターネットの掲示板で知り合い励まし合う・・・というお話。


正直、「ちゃおで、いじめで・・・」とバカにしつつ読み始めたんだけど、
構成とかけっこう凝ってて、あと、いじめられてる子がどうなっちゃうのか気になって、
司書室で読みふけってしました。
(仕事してください)


広い世界にでようよ!というメッセージもいいですね。


それにしても、子どもたちに(主に女子)人気なのが、恋といじめがテーマの本なんだよな。

気持ちを重ねやすいからかな。
特に、読書が苦手な子にとっては。


いじめの本とか、読んでてイヤになりますけどね。あたし。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/10/23 06:01] 読み物 | TB(0) | CM(0)

マジック+ツリーハウス3アマゾン大脱出 

やっと第3巻。

アマゾン大脱出 (マジック・ツリーハウス (3))
アマゾン大脱出 (マジック・ツリーハウス (3))Mary Pope Osborne

メディアファクトリー 2002-06
売り上げランキング : 28700

おすすめ平均 star
starあっという間に大人気
star小3の娘が1日で読み上げてしまった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


子ども達に人気なので、いつも貸出中でなかなか読めません。

2巻を読んだのは、いつだったけか・・・・?

たしか、ツリーハウスに残されたMの謎が早々に判明したのが第2巻。

そして、第3巻では、ジャックとアニーが、
M(=モーガン@イギリスアーサー王の姉)からの助けを求める手紙をツリーハウスで見つけ、
また兄弟で冒険の旅に出発・・・という流れ。



展開、早っ。



3巻で、モーガンは、

魔法をかけられました
魔法をとくかぎは 4つのも


というちゅーとハンパな言葉を残して失踪・・・?

この言葉と、なぜかマジックツリーハウスに開いておいてある1冊の本を
手がかりに、ジャックとアニーはまた時空を超えた旅に出かけます。


今回は、タイトルになってるアマゾンと、なんと、忍者の国?日本へ!
3冊目にして、もう日本が出てきた!わーい!


なんで時空を超えた冒険をした先で、初対面の忍者やら猿やらが、
二人の冒険を助けるヒントをくれるのか、
そもそも、ツリーハウスで1冊だけ本が開かれてるのはなぜなのか・・・?


よく分からないことがいっぱいですが、おもしろいのでよし!
なのかな?子ども的には。
きっと、読み進めてくうちに、謎が解けてくしかけになってるんでしょう。


私の予想では、マジックツリーハウスにいたネズミがあやしいのではないかと・・・。

あのネズミ、モーガンなんじゃ?



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/10/18 09:25] 読み物 | TB(0) | CM(0)

こっそりどこかに 

また、季節はずれなんですが・・・・。

これは、かなーり、こわい。

こっそりどこかに (cub label)
こっそりどこかに (cub label)
長崎出版 2006-05
売り上げランキング : 514080

おすすめ平均 star
star秀逸!
starいい本だ
star闇を怖がる子どもの目

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日暮れの町に ぽろんぽろん 
はやく拾いに 行かなくちゃ 



黄色い雨合羽を着た男の子(たぶん・・・)が、
落としたものを探しに、一人、夕暮れの町に飛び出します。


薄暗い路地裏、公園、不気味な町工場・・・を通り抜け・・・

雨合羽の子が目指した先には・・・?



とにかーく、子どもが走り抜ける町にいるものが、こわい、こわい・・・!

不気味な表情の子ども達や、おじいさん、おばあさん。
ぼんやりと浮かび上がる、あやしい影。


子ども達に読み聞かせると、

「こわい、こわい」の連発でした。

こんな「こわい」って言ってくれる絵本は久々だわー。

たいてい、「こわくねーよ。」ってテンション下がること言う子が
いるんだけどね。
この絵本に関しては、みんな、「こわい・・・!」と!


・・・・にんまり。


子どもの頃、(あ、今もかも)何だか分からないけど、
暗闇が怖かったことを思い出しました。

何かがいそうな気配・・・が怖いんだよね。


最後のページで、黄色い雨合羽の子の正体?が明かされます。


(でも、絵をよく見てる子どもらは、最初っから気づいてたりするんだけど)



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

[2009/10/14 06:10] こわ~い!?おばけ | TB(0) | CM(0)

たからものはなあに? 

タイトルと、表紙の絵で、ストーリーが想像できるかな・・・

と思ったんですが。

たからものはなあに?
たからものはなあに?たかばやし まり

偕成社 2009-06
売り上げランキング : 161041


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


宝物を見せあいっこしながら、
なつかとたくやくんは、小さい頃の思い出を話します。

大好きだったもうふ、
公園で見つけた、せみのぬけがら。
友だちだったぬいぐるみ・・・・。

なつかのママの宝物は、なつかが初めてプレゼントしてくれた小石なんだって。
たくやくんのママの宝物は、たつやくんが初めてプレゼントしてくれた押し花なんだって。


じゃあ、ママの宝物は・・・?



うん、うん。よくあるよね、こういう話。
それで、お母さんの宝物はあなたよ!って言うんでしょ。


・・・と思ったら!


たくやくんは、お母さんのお腹から産まれたんだよね。

でも、なつかは・・・・


「ママ、なつかは、あかちゃんのいえから きたんだよね?」 


と続いてびっくり。


なつかは、お父さんとお母さんの本当の子どもじゃないんです。

小さい頃、赤ちゃんの家からやってきた・・・つまり、養子なんです。


赤ちゃんの家で、パパとママが初めてなつかに出会った時のこと。
何度も何度も、なつかに会いに、赤ちゃんの家にきてくれたこと。
会ってない時も、なつかのことをいつも思ってくれてたこと。


後半は、パパとママがなつかに出会って、
家族になるまでのことが語られます。



養子として子どもを迎えるまでのエピソードが、ずいぶん具体的だなぁ・・・と思ったら、
このお話、作者のあいだひささんの実体験に基づいてるんですね。
あとがきに書いてありました。



いろんな親子の形があって、いろんな愛情の形があっていいんだ、
と素直に思えます。
とにかく、子どもが愛されてるって事実が大切なんだな。




「なつかは ママとパパの こころのなかで 
どんどん おおきくなったんだね!」 



なつかの言葉が、心に響きました!



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2009/10/09 06:06] いろいろ家族 | TB(0) | CM(0)

おしくら・まんじゅう 

かがくいさんが亡くなった・・・

と聞いてかなりショックを受けました。

昨日は、学校の子たちと、この絵本を読んで追悼・・・。

笑って笑って・・・・。

でも、もうこんな楽しい新作読めないんだぁ・・・としょんぼり。

おしくら・まんじゅう
おしくら・まんじゅう
ブロンズ新社 2009-04
売り上げランキング : 1350

おすすめ平均 star
star驚きの展開…
star待っていました!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そ~れ


♪おしくら まん じゅう
 おされて ぎゅー
  おされて ぎゅー 
ぎゅー ぎゅー ぎゅー
おされて~~~



びぇ~ん


こんにゃく、なっとう、おばけ・・・・

が紅白まんじゅうと一緒に、おしくらまんじゅう!


さて、いったい、どうなっちゃう・・・?


♪おしくらっ まんじゅうっ♪

と節をつけて読むと、子どもたちはみんなで大合唱!

「どうなると思う~~~???」

と問いかけると、

「ふくらむ!」「のびる!」「いなくなる!」

と口々に答えてくれる子どもたち。


ほんと、読み聞かせにぴったりの絵本です。

最後のおばけのオチにはきょとん、としてましたが・・・・。

これが、かがくいさんの持ち味なんですよね~。

ほのぼのと笑える中にちょっぴり毒があるというか、

どっきりがあるというか・・・・。


思い返せば、「おもちのきもち」でかがくいさんの絵本に衝撃を受けたのが2006年
あれから、4年もたってないんですよねぇ・・・。
早すぎます。ほんとに、早すぎ・・・うぁぁん


心から、ご冥福をお祈りいたします。

そして、いつまでも、いつまでも、子どもたちにかがくい絵本の楽しさを、
伝えていきますからね!


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

[2009/10/03 21:15] 大好き!たべもの | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。