1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

みてる 

福音館からでてる、岩合夫妻の写真絵本、第五弾!
今回の撮影対象は、動物たちの視線
このシリーズ、やっぱり大好き

みてる
みてる岩合 光昭

福音館書店 2008-11
売り上げランキング : 333575

おすすめ平均 star
star写真の説明をなさっている岩合光昭さんは・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ひつじが、チーターが、オランウータンが・・・・・。
見てます、見てます、見てます。

13匹の野生動物たちが、こっちを見てるシーンばかりを撮った写真絵本。


ページをめくるたび、次々、動物たちのまっすぐな視線があらわれます。
あんまりにもまっすぐなんで、気恥ずかしくなって、
なんでだか、視線、そらしちゃいました。



オランウータンの子どもの写真とか、かわいすぎる・・・
うちの娘とそっくりな目してる。
さすが、人間の祖先(え?ちがう?)



どれも、撮られてるのは野生動物だもんで、(あ。ひつじはちがうか)
「見ること」は、「生きること」に直結してるんですね。
「食べる」方も「食べられる」方も、油断がないっていうか。
すごい緊張感が写真からびしばし伝わってきます。
家族で水飲んでる時の、お母さんライオンの目とかすごいよ。
するどい、するどすぎる・・・!
ライオン母さんって、まったりできる時なんかないのかもね.....
すごいねぇ。



どれもこれも、どうやって撮ったんだろう・・・って思う写真ばかり。
この写真絵本シリーズ読むと、いつもそう思います。
岩合さんって、すごい写真家だ・・・!


(同シリーズ→ 「いるいるだあれ」 「からだがかゆい」)  

     

人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

ニック・シャドウの真夜中の図書館2血塗られた砂浜 

悪趣味だとか何だとか言いながら、読んじゃってます。
ニック・シャドウ・・・。
けっこうはまるのよね・・・。

ニック・シャドウの真夜中の図書館 2 血ぬられた砂浜
ニック・シャドウの真夜中の図書館 2 血ぬられた砂浜鮎川 晶

ゴマブックス 2008-04-16
売り上げランキング : 39309

おすすめ平均 star
starオウムが怖い
star真夜中に読めません!
star手に汗握らせ最悪の結末に雪崩れ込む人気沸騰の英国児童ホラー・シリーズ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


表題作の「血ぬられた砂浜」は、あんまりおもしろくなかった、
ていうか、オチがかーなーり、よめてしまって、
「やっぱ、子どもだましだわ。大人が読むと、展開読めちゃうわ。」
ってよゆーしゃくしゃくだったのですけど。
二番目の「呪われたオウム」に戦慄。
ひえ~。恐ろしい、気味悪い・・・。



ストーリーは、というと、死んだおじいちゃんが残したオウムに、
少年が命をねらわれる・・・・というもの。


からだのいたるところに傷があって、数少ない羽も灰色でボロボロ。で、
止まり木をつかんでいるするどいつめは、人の肉に食い込んでしまいそう、で
舌は、彼を指さしてのたうちまわる、ひからびた指のよう・・・



・・・・とまぁ、見るからに気味が悪くて、恐ろしげなオウム。
このオウムを、「おじいちゃんの形見だから・・・」とか何とか言って、
家で飼うことになるわけですが。
最初から、このオウムにただならぬものを感じていたベンは、
オウムを家に入れることを強固に反対します。
ところが、両親は、まったく相手にしてくれません。
そのうち、不気味なオウムは、ベンに向かって、
「おれがお前のジジイを殺した」
なんて言ってくるようになります。
ますます焦るベン。そんなベンに、オウムは、
「もうすぐ死ぬぞ。お前の番だ。お前の番だ。」
とベンをおそおうとするようになります・・・。



オウムに心を操られ、次第に狂っていく両親。
鳥かごから抜けだし、ベンを殺そうとするオウムから、
ベンを守ってくれるものは何もありません。
そんな時、ベンが見つけたのは、死んだおじいちゃんからの遺言。
ベンは、オウムを家から追い出すことができるのか・・・!?



おじいちゃんからの遺言らしきメッセージが見つかった時点で、
これは一発逆転ありか!?と思わせられるのですが・・・。
やっぱりニック・シャドウです。
そんなやすやすとハッピーエンドにはなりません。
てか、ハッピーエンドなんてあるのか!?
このお話は、今度こそはうまくいくか?と思わせておいて、
何度も何度も奈落の底に突き落とされる感じが何とも言えません。
こわいし、うまい。
オチでは、
「え?えぇーーーーーーーー!」
って絶叫しちゃいましたもん。



ってことで、ますますはまりそうな予感のニック・シャドウ。
ほんと、精神年齢が子どもと一緒だわ。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

くものがっこう 

作者は、「葉っぱのフレディ」の訳者で有名なみらいななさん。
初の創作絵本だそうです。
そして、絵を担当したのは、こぶたはなこさんシリーズのいけずみひろこさん。
あー!すっごくかわいらしかった!これぞ絵本!
子どものための、ステキな絵本に出会ったって感じです。

くものがっこう
くものがっこうみらい なな

童話屋 2008-10
売り上げランキング : 118176

おすすめ平均 star
star大きくなるということは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


雲の学校に入ることになったのは、
うんぼく、うんなん、うんせい、うんとんの四人。
学校では、いろいろな雲の形をつくる練習をするのです。
そして、上手に曇り空をつくることができたら卒業!
4人はちゃーんと卒業できるかな・・・?


とにかく、雲の子どもたちがかわいいのです!
立派な雲になるために、担任の先生の話をよく聞いて、
一生懸命、勉強します。
楽しい授業の時には、思いっきり楽しく
時には、脱線しちゃうことも・・・。
小学校に入学したての、1年生の姿と思いっきり重なります。



そうそう、1年生って「くじらぐも」をならいますよね。
その時に読んであげるといいかもなあ。
この雲たち、くものがっこうからやってきたのかもね、って感じで。
どうだろ・・・?



最後は、とってもきれいな雲になる雲の子どもたち。
さて、どんな?
最初から最後まで、夢いっぱい。
やっぱり絵本はこうでなくっちゃ!



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

きみの家にも牛がいる 

丑年なんで、牛の絵本を探していたところ、見つけた一冊。
子どもには、どうかな、ちょっとヘビーかな・・・
と思ったけど、意外にも興味津々でよく聞いてくれました。

きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)
きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)小森 香折

解放出版社 2005-10
売り上げランキング : 129277

おすすめ平均 star
star楽しめる!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


きみの家には、牛がいる?
牛を飼っていなくても
牛がいないわけじゃない。 



というわけで、牛がどんなことに使われ、私たちの生活とどう関わっているか・・・・
について書かれてる絵本。


とにかく、肉牛を屠畜していく様子がすごい、の一言。
肉牛として、食肉市場に連れてこられた牛たちが、
気絶させられ、血をぬかれ、解体されて食肉として肉屋さんに並ぶまで・・・
がかなり詳しく描かれてます。
もちろん、絵本だから、ものすごく生々しい・・・ってことはありませんが、
それでも子どもたちにとっては迫力があったみたいです。
「こわい・・・。」と言って目をふせる子もいました。



でも、スーパーでパックに入れられてる牛肉も、焼き肉屋さんで食べる肉も、
元々は生きいる一頭の牛。
それを、人間は殺して、食用にしているんだ・・・
という事実に目をそらさないのは、きっと大切なことのはず。
人間は、他の生き物の命をもらって、生かされているんだ、ってことですよね。
普段は、忘れちゃってますけど。
てか、忘れてないと、何でも食べることはできないですけど。
でも、「命をもらって・・・・」と言われてもピンとこない子も、この絵本を読むと、
それがすっと心に入ってくるんじゃないかなあ。




そうそう、この絵本読んでたら、森達也さんの「いのちの食べかた」を思い出しました。
この本の中でも、屠場と呼ばれる食肉市場や、
そこで働く人々について、書かれてるのです。
そして、なぜ、このことがあまり世間で知られてないか、ということについても。
(詳しくはこちら・・・って私の紹介文なんですけどね。)
だから、牛の食肉市場について描いたこの絵本って、いろんな意味でスゴイと思う。




子どもの絵本だって、侮ることなかれ、な1冊だと思います。




人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

黒魔女さんが通る!!チョコ、デビューするの巻 

これまた、子どもたちに人気のシリーズです。

黒魔女さんが通る!!―チョコ、デビューするの巻 (講談社青い鳥文庫)
黒魔女さんが通る!!―チョコ、デビューするの巻 (講談社青い鳥文庫)石崎 洋司

講談社 2005-09
売り上げランキング : 21868

おすすめ平均 star
starキャラクターに愛を感じさせる!
starぜひぜひよんでくださ〜い
starおもしろすぎ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学校で仲良しの子が、
「おもしろいから、読んでみて。」
とやたらすすめるので、トライしました。


でも。



う~ん。なんて言うのか・・・・・。
このノリについていけないというか・・・。
すっごいキャピキャピでびっくりしました。
石崎洋司さんが書くのって、こんなだったっけ?




だいたい、主人公のチョコが間違えて黒魔女を呼び出す・・・・
ってシーンが、前書きでさらっとって、どういうことよ!
ここが、重要でしょう。ここが。
と憤慨(ってほどでもないけど)しながら読んでったのですが・・・・。
背表紙で、黒魔女さんは、「おもしろい話が読みたい!(青龍編)」
って本に収められてる短編の、続編だってことが判明(遅)



ああ、そうだったのね。
どおりで。
すべてのおかしなキャラが当たり前のように登場してくるのはなんで?
とも思ったんだけど、解せました。



で。あらすじは・・・・というと、
魔法マニアのチョコが、間違えて呼び出してしまった黒魔女ギュービッドと
魔女修行しながら、クラスの問題を次々解決していく、というもの。
かなりのドタバタなので、ついていくのが大変だったのだけど、
でも、考えてみたら、魔女修行とか魔法使い修行・・・って設定は古典ですよね。
そして、修行する子が、ドジでぬけてて・・・・ってのも。
子どもたちが大好きなパターンなんだなぁ。きっと。



これに、現代的なキャラが加わって、ドタバタが激しくなっていきます。
熱血すぎる担任の松岡先生(たぶん松岡修三がモデルだよね)
クラスメイトには、ハデハデ娘の紫苑メグに、
美人で秀才の一路舞、あだ名がエロエース、小島直樹・・などなど。
思ったんだけど、女の子の名前は宝塚女優からとってる?
紫苑メグ→紫苑ゆう
一路舞→一路真輝
春野ゆり→榛名由梨


うぅ~ん。石崎さんって、宝塚ファンなのかしら・・・?



まぁ、それはともかく、登場人物のキャラはかなりはっきりしてます。
脇キャラも。
そういう意味では、三つ短編が入ってますが、
私的には、「黒魔女の初恋」がおもしろかった!
美人の女の子が転校してきて、エロエースが恋に落ちるのだけど、
それが実は・・・って展開で。
この転校生が、かわいい顔してすごいやつなのね。
しかも、ギュービッドの初恋もからんでくるみたい。
1巻だけでは、詳しく分かんないですけどね。
これは、続きを読んでみなきゃいけないみたいです。



・・・・・・って、書いてると、私もはまってるみたいですが
いろいろ気になる点は多いし、
どこかで、「黒魔女さんは、いろいろ伏線はってあっておもしろい」
みたいな紹介文を読んだこともあるので、
次々チャレンジしてみようと思います。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

タラがだいはっせいしたら 

期待の大型新人登場

タラがだいはっせいしたら
タラがだいはっせいしたら大橋 重信

くもん出版 2008-09-12
売り上げランキング : 263144

おすすめ平均 star
star日本語の中に生息する魚は

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「大きくなって、いい子になっタラ買ってあげる。」

「もっと おべんきょうしタラ百てんがとれたのに。」

「ごろごろしてないで、そとへ でて うんどうしタラ


たら、たら、たら・・・・・。
これがママの口ぐせ。


10歳のたんじょうび。
ついに、ぼくのおなかにたまったタラたちが・・・・



作者は、なんと小学4年生の男の子。
子ども創作コンクールの受賞作だそうです。
ってことで、同じ年の子どもたちに読み聞かせてみました。
「みんなと同じ年の子が、このお話書いたんだよ~。」って。



で。反応は、というと・・・・・・。



う~ん。イマイチだったんですよねぇ。これが。
同い年ってことで、興味は持ってくれたんですけどね。



私的には、ホントの子どもが作者だけに、子どもの本音を上手に代弁してて、
しかも、ダジャレ満載で、うまい!っておもったんだけど。
オチもちゃーんときまってます。
ていうか、オチの一言が素晴らしいです。
コレ、小4の子が考えたの?すごい。
ただ、子どもたちは、反応薄でした。
「ふふふ。」くらい。
「なんか、かわいそうだね、この子・・・。」って言う子も。



と・こ・ろ・が!(ってオーバーに書くほどのことでもないけど)
大人には大ウケでした。
身につまされるっていうんですかね。
誰もが身に覚えあり・・で苦笑いでした。




さて。
タラがだいはっせいしちゃったぼくを救った、一言、とは?
そうそう、親なら誰もがこう思ってるはず。
「タラ」の取り扱いには気をつけなくちゃ、です。




人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。