1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おじいちゃんがおばけになったわけ 

ずーっと読みたいなぁ・・・と思っていた絵本。
なのに、忘れてて(←こら)やっと思い出して、読みました。
後半、泣けてきて、泣けてきて・・・・・
読みたいの、思い出してよかった。


おじいちゃんがおばけになったわけおじいちゃんがおばけになったわけ
キム・フォップス オーカソン Kim Fupz Aakeson Eva Eriksson

あすなろ書房 2005-06
売り上げランキング : 10328
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



エリックの大好きだったおじいちゃんが、
突然死んでしまいました。ショックを受けるエリック。
ところが、お葬式があった夜、
エリックの前におばけになったおじいちゃんが現れたのです。


「この世にわすれものがあると、人はおばけになる」
らしいと知る二人。
おじいちゃんの忘れ物は一体何なのか、
二人で探すことにしたのですが・・・・・。



おじいちゃんと孫のエリックの描かれ方がとてもステキです。
エリックにだけ見えるおばけになったおじいちゃん。
(それだけ仲がよかったってことかな。)
最初はそんなおじいちゃんをおもしろがってたエリックだけど、
二人でおじいちゃんが住んでた家へ行き、
暮らしていた町を歩き、
思い出を話し合ううちに、
おじいちゃんがどんなに幸せな人生を歩んできたか、
おじいちゃんがどんなにエリックを愛していたか・・・・
に気づかされます。



「いいか、エリック。
 子どもはぎょうぎよくしなくちゃならないが、
 しすぎることはないぞ。
 それから、いつもでなくていいから、
 じいじのこと、おもいだしてくれ。
 じいじも、おまえのことをわすれないよ。
」 




とは、永遠の別れが近づいてきた時のじいじの言葉。
エリックの目にも涙があふれてきます。
そして私も、涙・・・・・



訳者の菱木晃子さんは、この絵本を、
自分の父親を亡くした直後に訳したんだとか。
訳していくうちに、気持ちが楽になった・・・・・
と菱木さんのHPに書いてありました。
とても分かる気がします。
ありきたりな言い方かもしれないけど、
大切な人はいつまでも心の中にいるんでしょう。
先に旅立つ人の中にも、残される人の中にも。



我が家のじいじはまだまだ元気
でも、どんな人にも別れの時はやってくるんですよね。
うちの娘といっぱい思い出を作ってほしい。
そして、やっぱり娘がその思い出を私と語り合えるくらいまでは、
元気でいてほしい・・・・
なんてことを思いました。



「大切な人の死」をテーマにした絵本ですが、
暗くなりすぎず、でも胸に迫るものもあってよかったです。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

はたらきもののナマケモノ 

斉藤洋&武田美穂の黄金コンビの作品。
といったら、手に取らないわけにはいかないでしょう!

はたらきもののナマケモノはたらきもののナマケモノ
斉藤 洋 武田 美穂

理論社 2007-08
売り上げランキング : 153129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある日曜日の朝。
ぼくの家に、はたらきもののナマケモノがやってきた!
はたらきもののナマケモノ、のミユビさん。
修行の結果、目には見えないくらいの速さで動くことができるようになった!
と言うのだけれど・・・・・?


「はたらきもののナマケモノ」ていうタイトルだけで、
子どもたちは引きつけられそう・・・!
子どもって、なぜだかナマケモノが絵本に出てくると、
嬉々として言うんですよね~。
「ナマケモノって、ホントに怠け者だから、そんな名前なんだよ~」って。



そうそう、
地味~に子どもの興味をくすぐる動物なんです。「ナマケモノ」って。
そんな動物を主人公(なのかな?僕が主人公なのかな。よく分かんないけど)
にしたお話を作っちゃうなんて、さすが斉藤洋さんです。
子ども心、つかんでるな~。やっぱり。



「ま、くんれんすれば、見えるようになるけどな。
 はやくうごくのもくんれん・・・・・・って言うか、
 まあ、しゅぎょうっていったほうがいいかもしれないが、
 しゅぎょうしだいで、どれだけでもはやくうごけるようになるのだ!」 




とは、ミユビさんの言葉。
この早く動けるようになる修行ってのがスゴイ。笑えます。



最初から最後までとぼけた匂いのぷんぷんするお話。
なのに、最後は「はたらきものナマケモノ」が<いそうもないのに、いる>
ような気分にさせられます。
お話でも、ミユビさん、僕の生活に溶け込んじゃってますし。あはは。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

魔女の宅急便 その5魔法のとまり木 

やっと読みました。
「魔女の宅急便」のその5。
正直、1を読んだ時のドキワク感は少なくなっちゃったなぁ・・・・
(ていうか、私の感性が鈍化してるのかも
 もう20年以上前だもんね。1がでたのって)
というのが感想ですが、
でもやっぱり読んでると、心が澄んでくるような・・・・・・。
心に響くフレーズもいっぱいでてきましたよ~。


魔女の宅急便 その5 (5)魔女の宅急便 その5 (5)
角野 栄子 佐竹 美保

福音館書店 2007-05
売り上げランキング : 123989
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



13歳でひとり立ちしたキキももう19歳。
かつては不思議だったキキの存在も、
7年も暮らしているコリコの町では当たり前のものになってきています。
コリコの町長さんとウイさんの恋の橋渡しをしたり、
結婚式の花嫁さんにベールを届けたり、
ファッションショーのお手伝いをしたり・・・・・・
宅急便屋さんの仕事は順調!
でも、キキの心は晴れません。モヤモヤが続いています。
それは・・・・・・・・・・。



どういう話なのか・・・・というのを説明するのは難しいのですが、
(え?いや、いろんなエピソードがありすぎて)
思うのは、「魔女の宅急便」って、魔法物で、ファンタジーなんだけど、
やっぱりキキの成長物語なんだよなぁ・・・・ってこと。
本作では、魔法の力が弱くなったことで悩むキキが描かれてますが、
(魔法のとまり木の章です)
そこが一番おもしろかった!



魔法は、力を軽く見られたり、見せびらかされたり・・・・・
なんとなく疲れてしまった時に、『イヤケガサス』状態になるらしい。
そんな時、天と地の境目あたりにある『魔法のとまり木』にとまって、
イヤケを回復させるんだと。
魔法の力をほんの少し地上に残して。



人間も一緒かな、なんて思いましたよ。
そう思うことができたら、気持ちは少し楽になるなぁとも。
キキも自分はどんな風に生きていけばよいのか、
ってことに悩んでいる最中なのかも・・・・・。





さてさて。
大好きなとんぼさんとの恋も、いまいち進展しなくてキキはやきもき。
でも、最後に、とんぼさんは、キキにこんなことを言ってくれるのです!



生きるのはよろこびだけど、そのなかには哀しみもあるって。
でもその哀しみのなかにも、よろこびがあるんだよね。
20年前のキキもきっとおなじ目をしていたんじゃないかな。
そしてすばらしいことに、今でもその輝きをうしなっていないよ。
 



いいなぁ。とんぼさんって。
キキは、奥手なとんぼさんにイライラするんだけど、
この言葉は、キキに大きな大きな力を与えてくれたはず!
いいね!恋するって。


二人の関係は大きく進展します。
どんな風にかってのは読んでみてくださいね!
ま、アマゾンの書評とか読むと分かるかもですが、
ここでは秘密。
とりあえず、キキの物語はこれで終わりみたいです。
一つのシリーズが終わる時って・・・・なんか寂しいな。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2008/01/18 23:19] 読み物 | TB(0) | CM(0)

ふたごのこぶたブブとププ 

「かあちゃんのせんたくキック」「ひものでございっ!」なんかが有名な平田昌広さんが、
「タビの雑貨屋」の寺田順三さんと組んだ絵本が出てました。


いつものガッツのある感じじゃなかったけど、
コレはコレでよかったわぁ~~~(何様)


ふたごのこぶたブブとププふたごのこぶたブブとププ
平田 昌広 寺田 順三

教育画劇 2007-10
売り上げランキング : 215331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ねえねえ、ブブ。いい てんきだね」
「そうだね、ププ。きもちが いいね」
「ねえ ブブ、さんぽに いこうよ」
「いいね、ププ。いこう。いこう」
いつでも どこでも ふたりは いっしょ。
きょうも なかよく でかけます。
 




ふたごのブブとププはとっても仲良し。
いつもいっしょ。
なんでもはんぶんこ。
なのに、今日、二人は大げんかをしてしまいました。
そのわけは・・・・・・?



こぶたのブブとププはもちろん、
登場する他の動物たちや街の雰囲気、
マーケットで売られている食べ物なんかが、
とにかくかわいい!かわいい!
どっちかというと、寺田順三色が強いのかな。
おしゃれなイラストが印象的です。



お話は、というと、これまたかわいい
仲良しのブブとププが、どうしてもはんぶんこしたくなかったもの、
それは・・・・・・?



そっか、そっか。
ソレはいつだって独り占めしたいんだよね!



かわいい~ブブとププのキルティング生地↓発見
欲しいなぁ~。
(何も作れませんが・・・


      



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
[2008/01/11 20:32] いろいろ家族 | TB(0) | CM(2)

ふたりでおるすばん 

「ごきげんなすてご」シリーズ、第五弾。
このシリーズって、もう五作も出てるんだねぇ・・・。
なんだか驚き


かなり久しぶりに読んだら、
猿みたいだった弟がおしゃべり上手になってた。
時の流れを感じました・・・・。


ふたりでおるすばんふたりでおるすばん
伊東 寛

徳間書店 2007-11
売り上げランキング : 31093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



お母さんに急用ができて、
突然、弟と二人でお留守番することになったあたし。


「あたしたちは、親にすてられたのよ。
 これからは二人で生きていかなきゃいけないのよ。
 あんたがたよれるのは、世界じゅうであたしだけなのよ。」



なんて。弟をおどかしてみたのだけど・・・・?



かなり口達者なお姉ちゃんの弟が、
やっぱり口達者になってるのに笑いました
というか、お姉ちゃん、やられちゃってます。弟に。
弟に意地悪なこと、言ってみたりもするんだけど、
とぼけた調子でことごとく返されてて。


「おじょうさまとおよびなさい。」(姉)

「はい、おじぞうさま。」(弟)


みたいな。
こんな二人のやりとりがおかしいです。



産まれたばかりの弟がかわいく思えなくて、
家出してしまったお姉ちゃんだったけど、
「ごきげんなすてご」の時のことです)
なんだかんだ言いながら、すっかり、仲の良い姉弟になってました。
弟はお姉ちゃんを頼りきってるし、
お姉ちゃんはそんな弟のことがどんどんかわいくなってきてるのね!



あたしは、おとうとから、たくさんのちえや勇気をもらっている。
悲しかったり、こまったりしても、おとうとをまもろうとすると、
ひとりぼっちのときのなんばいも、たくましくなれる。
おねえちゃんって、そういうものだ。
 




なんて。
お姉ちゃんの言葉にジーン


兄弟って、心強い存在だものね。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

[2008/01/08 21:43] 読み物 | TB(0) | CM(2)

うえきばちです 

また明けちゃいました。年が。
イヤだな~。また年とっちゃうな~。
そうそう、今年は変化の年になりそうです。うふふ。
変化に対応できる自分でいなくては・・・!これ目標。



それから、
絵本も本もたくさん読んで、
ブログに紹介文もたくさんのせる。これも目標。



さてさて。
今年は、この絵本で初笑いしましたYO。


うえきばちですうえきばちです
川端 誠

ビーエル出版 2007-09
売り上げランキング : 314085
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



うえきばちに、土をいれて、あるものを植えて、
毎日水をやっていたら・・・・・



めがでました。
はがでました。
はながさきました。
 




・・・・って。
えー!?
当たり前じゃんって???
ノンノンノン
なんと、植えたのは、のっぺらぼう。
出てくるものに、オ・ド・ロ・キ!



だじゃれというか、言葉遊びというか・・・・
とんでもないバカバカしさ。
でも、まったく予想できないバカバカしさに、
「まいった・・・・」と言うしかありません。
絵本じゃなきゃ、絶対成立しないってとこも、
好きなポイント!
絵がなきゃ、おもしろさが全然、伝わらない。
これぞ絵本!です。




コレは、絶対子どもたちは大好きだと思う!
あー。読み聞かせ、してみたいなぁ・・・・。
大ウケ間違いなしです。
誰か読んでみて~。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ



[2008/01/05 21:13] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。