1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワニになにがおこったか 

少し前の「MOE」で紹介してあって、
ずっと、読みたいなぁと思っていた絵本。


表紙が地味だから、「MOE」読んでなきゃ、
絶対手に取らなかったと思う!
でも、予想以上にいいお話です


ワニと小鳥の、異種親子愛ストーリー。
といった感じ?かな。


ワニになにがおこったかワニになにがおこったか
マリーナ・マスクビナー 田中 潔 ヴァレンチン・オリシヴァング

偕成社 2007-02
売り上げランキング : 287476

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「そうかい、そんなにおかしいかい?
 きみらは、そうさ、幸せものさ。
 でも、もしだれかが、ちょいと変わったようすで生まれてきたら?
 笑いものにして、からかって、
 いっそのこと、のみこんじゃえ!
 そういうのかい?」 



アフリカワニのガーパの卵から生まれてきたのは・・・
なんと、鳥のヒナ!
戸惑うガーパ・・・。
でも、自分をパパと信じて疑わないヒナを見ているうちに、
ガーパの中に、父親としての愛情が芽生えてきます。



この絵本の素晴らしさは、
なんと言ってもガーパとヒナのリーパ親子の描かれ方。
二人のことをバカにする他のワニたちから、リーパを守り、
懸命に子育てをするガーパ。
そんなガーパのことが大好きな、ヒナのリーパ・・・!



お父さんのように川で泳げない・・・
といって落ち込むリーパをガーパが慰めるシーンは印象的。
そして、それ以上に、
リーパに空の飛び方を教えてやりたい、
と思うガーパの切ない親心に、心を打たれます。



ラストには、思いもかけない奇跡が!
ガーパの、リーパを思う気持ち・・・が奇跡をおこしたにちがいありません!!!



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2007/06/29 00:40] 愛ってな~に? | TB(0) | CM(2)

いのちの食べかた 

先日の朝日新聞で、
梨木香歩さんが、「よりみちパン!セ」シリーズを紹介してました。


自分の弟や妹に、
自力でつかみ取った人生の核心的なことを
家庭でこっそり教える感じがある
親が子に、ではない。
そうするとそこに「建前」が入ってしまうので。



うぅ~ん。なるほど。
親が子に、ではない。ってところがポイントなんだろうなぁ・・・
「建前」じゃないことを知れば、
少し、生きやすくなったりするもんね~。


とにかく、本音のシリーズだと私も思います。
そして、多様な価値観との出会い。
1冊読み終わると、自分の中で、新しい世界が広がる感じがする。
中でも、私がダントツに好きなのが、森達也さんの本。
というか、この本読んで、私のよりみちパン!セ好きが始まった、と言っても過言ではありません!


ぜひ読んで。



いのちの食べかたいのちの食べかた
森 達也

理論社 2004-12
売り上げランキング : 4311
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大切なことは「知ること」なんだ。
知って、思うことなんだ。
人は皆、同じなんだということを。
いのちはかけがえのない存在だということを。
 



本のタイトルだけ見ると、
食育の本?という感じなのだけど、(そういう面もありますが)
実は全然違うのです。


作者がこの本で最も強く読者に訴えているのは、
「知ること」の大切さ。
知って、自分で考えることの大切さ。


毎日食卓にのぼる牛肉や豚肉はどこからきたのか。
スーパーでパックに入れられる前、
どこで、どうやって、殺されたのか、
どんなふうに解体されたのか。
そして、
誰が、この仕事を引き受けているのか・・・・・。


こんな問いかけから始まり、
牛や豚が、食肉になるまでの過程や、
屠場と呼ばれる、食肉市場のこと、
そこで働く人々や、関係者のこと、
などが詳しく描かれます。


そして、そこから、
なぜ屠場やそこで働く人々のことが世間であまり知られていないか、ということや、
そのなぜ、が被差別部落差別と深く関わりがあることが語られ、
部落差別の歴史へと広がっていきます。


そして、読み進めるうちに、
人はなぜ、人を差別してしまうのか、
なぜ過ちは何度も繰り返されるのか、
ということについて深く考えさせられるのです。



森さんは、本文中で何度も何度も繰り返し言います。
「知ること」の大切さを。
「自分で考えること」の大切さを。
それらから、
無意識に目をそらすことの、恐ろしさを。



私は、この本を読んで、
世の中に、自分と関係のないことなんて、一つもないんじゃないかと思うようになりました。
世の中で起こることから、目をそらさないこと。
自分の問題として考えること。
それが、差別や戦争や、世界の悲惨ないろいろをなくす第一歩になるんじゃないかと。


本当にスゴイ1冊です。
やっぱり、中高生だけじゃなくって、
たくさんの大人にも読んで欲しい!と思う1冊です。



その他の「よりみちパン!セシリーズ」紹介→ 「みんなのなやみ」



ところで、このシリーズ、
最後に谷川俊太郎さんから作者に必ず4つの質問をしてて、
それがおもしろいので、自分の覚えのために書いておきます。



何がいちばん大切ですか?

  自分が生きているこの世界


誰がいちばん好きですか? 

  そのときによって違います。
  自分のときもあれば、家族の誰かのときもある。


何がいちばんいやですか? 

  カマドウマ。
  あとは、ホヤもダメ。


死んだらどこへ行きますか? 

  わからない。たぶん消えます。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。