1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子リスのアール 

わーおー。


気が付けば、クリスマスも終わって、今年もあと2日
早いなぁ。
子どもできてから、1年が過ぎるのが恐ろしく早い.....



まったくもって今さらなんですけど。

今年の娘へのクリスマスプレゼントは....
「くまのコールテンくん」とくまのぬいぐるみにしました。



コールテンくん大好き
あの絵本の女の子のように、自分で好きなぬいぐるみを選ばせたかったんだけど、それするとアンパンマンを持ってきそうだったので、私が独断でチョイス。


やっぱ、ぬいぐるみはくまじゃなきゃ。
しかも、服着てなきゃ。
そんでもって、絵本の通り、デパートのくまじゃなきゃ。



・・・・・ま、娘は全然分かってないので、すべて私の自己満足です



そんな、「くまのコールテンくん」が大好きなわたくし。
コールテンくんの作者、ドン・フリーマンが40年前に書いたとかっていう絵本を発見してコーフン
没後発見されたって話を聞いて、二度びっくり。



これまた、キュート、かつ勇敢な子リスが登場します。

子リスのアール子リスのアール
ドン フリーマン Don Freeman 山下 明生

BL出版 2006-11
売り上げランキング : 133076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


はいいろリスのお母さんは、小さいむすこのまえにすわって、はなしかけました。
「ねえ、アール。
 そろそろおまえも、外にでて、
 自分の手でドングリを見つけることを、おぼえるときだよ」



お母さんにそう言われて、ドングリを探すことになったアール。
でもどこで、どうやって見つけたらよいのか、全然分かりません。


早速、アールは友だちのジルをたずねます。
ドングリとクルミわりきをもらって喜ぶのですが....
お母さんには怒られてしまいます。


「リスのくせに、くるみわりきがいるなんてきいたことがある?」


ってね。そりゃそうだ。



そこで、ジルにもらった、赤いスカーフを持って、ドングリを探すため、森に1人で出かけることに。
自分の手でドングリをさがせるところを、お母さんに見せたいのです!




アールに対してとっても厳しいお母さんと、
その反対に、とっても優しいジルとが対照的に描かれいて、
そこがおかしくてたまりません。


お母さんは、アールに自立してほしくって、厳しく接してしまうんでしょうね。
ジルは、友だちの力になりたくって、優しくするんでしょう!


お母さんの期待にこたえたいと思うアール。
ジルの優しさを素直に受け止めるアール。

優しくてまっすぐで純粋で。
ドン・フリーマンの絵本に出てくる子っていつもそう。
だから好き。



アールのくりくりとした真っ黒な目と、
モノトーンのページに唯一赤いスカーフがとても印象的な絵本です。


特に、冒険の途中で木の洞穴を覗くアールの表情に私はノックアウト。
大きく目を見開いて、ちょっと首をかしげて・・・
うちの子もこういう顔することあるのよ~。
かわいくてかわいくて仕方ありません



さて、結末。
無事どんぐりを見つけたアールはどうしたと思います?
お母さんにプレゼントして。
ジルにも自分でとったどんぐりを見せに行って。
その後は・・・?


少し大人になったアールの、きりりとした横顔が素敵なラストページ。
自分で見つけた、初めてのどんぐりの木。
こんな風に過ごしたいって気持ち、何となく分かるような気がするよ!




人気ブログランキング参加中♪
アールの表情が豊かですよ!注目~人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2006/12/30 03:19] 頑張る!子ども | TB(0) | CM(4)

おもちゃ屋へいったトムテ 

とうとう、イブイブイブ(何?)



せっかくなので、今日もクリスマス絵本をチョイスすることにしました~
クリスマスって、特別ですもんね~。



スウェーデンの絵本(ていうか絵童話に近いかな)です。



訳者は、菱木晃子さん。



私、外国の絵本や本は、訳者で選ぶこと、多いんですよね~。
ていうか、外国の著者名、覚えられなかったり!はは。


菱木さんが訳してる絵本とか、本って、ほんと好き


お話は、淡々と流れていくんだけど、
読んでるうちに、胸の中があったかーくなることが多くて。



というわけで。
イブイブイブに選んだのは、コレ↓


おもちゃ屋へいったトムテおもちゃ屋へいったトムテ
エルサ ベスコフ Elsa Beskow 菱木 晃子

福音館書店 1998-10
売り上げランキング : 149492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヌッセは思わず、男の子にうなずいてしまいました。
そして、笑ってしまったのです。

すると、男の子も笑いだし、ヌッセにむかって、うなずきました。

笑って、うなずいて、また笑って・・・・・。

おかあさんが男の子をよびにくるまで、
ふたりはなんどもおなじことをくりかえしました。





ヌッセは、人形作りをしている娘さんの家のトムテ。


ある日、ひょんなことから、お人形と間違われて、
家から遠く離れた町のおもちゃ屋へと売られてしまいます。


ショーウィンドーの中で、じっとしてるのがイヤになったヌッセ。
子どもだけしかいなくなると、顔をしかめたり、ウインクしてみたり....



そんなキュートなヌッセは、たちまち子どもたちの人気者に!



そして、仲良くなった男の子、スバンテのクリスマスプレゼントに
なるのですが.....というお話。



トムテとは、北欧に住む小人の妖精。
家を守って幸せをもたらすんだそうです。
クリスマスには、サンタさんのお手伝いもするんだとか。


北欧では、トムテが当然のものとして存在しているんだろうな、と思わせる書き出しです。
トムテがあまり身近ではない(よね?)日本人の私でも、トムテと共に生きる世界に、自然に入っていけるのがこのお話の魅力。


さて。


上記の緑色で引用した文章が、ヌッセとスバンテが初めて出会った場面です。
ヌッセはスバンテのことが一目で大好きになります。スバンテも同じ気持ちに。二人は、出会ってすぐ、心を通わせるようになるんですね。


ヌッセは貧しく、孤独な少年、スバンテに本当に幸せになってほしい、と思い、その願いを実行に移します。
さすがトムテ。幸せを運ぶ妖精です。



すべての人が幸せになれるクリスマスにぴったりのお話です。



人気ブログランキング参加中♪
今年のクリスマスはどんなかな~???→人気blogランキングへ







[2006/12/21 23:34] 子どもの四季・行事 | TB(0) | CM(0)

サンタの最後のおくりもの 

もうすぐクリスマスですね~



我が子はまだおチビさんなので、
今年は、サンタさんがきたぞ的なイベントはどうしようかなーと迷い中なのですが....



物心ついたら、絶対、クリスマスの朝、枕元にプレゼント
っていうのを、やり続けたいと思ってます!



というのも、私が、かなり大きくなるまでサンタさんを信じる子だったので。


コレ、私の中では、とても幸せな記憶なんですよね!



でも、母は、毎年クリスマスは大変だった~
って言ってました。


クリスマスまで、プレゼントを隠したり、
気づかれないように、枕元に置いたり.....


それから、一体、いつやめたらいいんだろう....
って思ってたよ。実際....とかとかね。



そんな苦労話を聞いて、



「やっぱり、あの時のプレゼントは、親が用意してたんだ....」



って、ちょっとがっかりしてしまった私。ばりばり大人なってから聞いたのに。
いつから、サンタさんがプレゼント♪が終わったのか、覚えてなかったり。あは。


サンタの最後のおくりものサンタの最後のおくりもの
マリー=オード ミュライユ エルヴィール ミュライユ Marie‐Aude Murail

徳間書店 2006-10
売り上げランキング : 41265
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジュリアン、この機関車は、おまえがもらったんじゃないってわかるだろう?
サンタクロースのふくろから、おちたんじゃないかな・・・・・
となると、おとしものだから、おまえのものになるのは、一年と一日たっても、おとした人があらわれなかったときだけだ。
 



そろそろ、サンタさんを信じなくなってきた男の子、ジュリアン。


でも、親をがっかりさせたくなくて、まだ信じてるふりをしてるのね。
んで、サンタさんに手紙書いたりして、欲しかったテレビゲームゲット



ところが....


今年のクリスマスは、もう一個、ジュリアンにプレゼントが....
それは、小さな、小さな木の蒸気機関車。
お父さんも、お母さんも知らないって言う。
一体、だれが・・・



一目で蒸気機関車のことが気に入ってしまったジュリアン。
一緒に過ごすうちに、機関車と大の仲良しになっていきます。
でも、パパに、サンタさんの落とし物なんだから....
と言われて、次のクリスマスには返さなきゃいけないんだ....って思うようになるのです。


でも、返したくない。
でも、ほんとは、自分のものじゃないんだから、返さなきゃいけない....



・・・で、ジュリアンがとった行動は?
そして、この蒸気機関車はどうなっちゃうの???




親をがっかりさせたくなくて、サンタを信じてるふりをしてる、
なんていう大人びたところがあるジュリアンなんだけど、
でも、その一方で、「もしかしたらいるのかも。」
という思いもなくしていないのね。


子どもって、特に成長しつつある子どもって、こんなかんじだよなーって思う。
妙にクールなところと、本当に純粋なところが同居してるって感じ。


いつのまにかサンタさんの存在を信じ切ってしまうジュリアンの、機関車を失いたくないって気持ちが、とってもかわいくて素敵なお話です。



それにしても、かなりハートウォーミングなお話のはずなんだけど、読後、ちょっぴり切ない気持ちにもなってしまうの~


サンタさんがこなくなるっていうことは、子ども時代とさよならする時期がきたってことなのかも。とか思ってしまって・・・ね。



やっぱり、我が子にはゆっくりゆっくり大人になってほしい~。

これから、クリスマス、頑張らなくっちゃ



人気ブログランキング参加中♪
クエンティン・ブレイクの絵もさえてます人気blogランキングへ
[2006/12/19 12:15] 子どもの四季・行事 | TB(0) | CM(0)

アストンの石 

近頃、娘は石を拾うのがブームです。



公園までの道すがら、石を拾う、拾う....
そして、私に、持ってくる、持ってくる....



「ありがと
 でも、元の場所にもどしといて



でも、また別の石を持ってくる....



ふ~~~。



子どものこだわりって、不思議



なんて、思ってたところ、
同じように、石を拾う子が出てくる絵本はっけーん



とっても優しい子です。


アストンの石アストンの石
ロッタ ゲッフェンブラード Lotta Geffenblad 菱木 晃子

小峰書店 2006-11
売り上げランキング : 173184
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


石はどれも、さむくて、こごえています。
それに、ひとりぼっちで、さみしそう。 



子犬のアストンは、石をどんどん、どんどん拾います。
なぜって、石がかわいそうに見えるから。



水たまりの中、冷たくなってる石。
霜がついて寒そうな石。
雪の中、ひとりぼっちでさみしそうな石。



どんどん、どんどん、拾ってくるアストン。
部屋の中は、石でいっぱい。
パパもママも困ってしまう....というお話。




学校の子どもたちの中にも、いろんなものを拾って見せてくれる子、いたいた・・・



海で集めた貝がらとか。
公園で拾ったどんぐりとか。
通学路で見つけた変わった形の葉っぱ、見せてくれた子もいたな。



大人にとっては何でもないものでも、
子どもにとっては大切な宝物だったり..ね。
どんなものにでも愛情かけられるっていいなぁって思う。




ストーリーもさることながら、絵がとっても魅力的です。
スウェーデンの作家さんで、今までアニメ作家さんだった、とのこと。
初めての絵本らしいです。


黒が多用されてますが、
(見返しは真っ黒だし、アストンも、アストンのパパもママも黒い犬だし、からすがよくでてくるし)
そのわりには、ページから受ける印象は、全然暗くなくて、
むしろ、暖かい感じ。


アストンや、パパ、ママがつけてる毛糸のもの(マフラーや手袋やベストや)がほわほわとあったかそうで、これがまたいい感じ


ん、で、まぁ、絵をよく見てみると、
パパがいつも編み物してるのね。
ママは、おうちでいつもギター弾いてる。



こういう、イロイロが積み重なって、(もちろんアストンの優しさもあって)
ほわわーんとあったかい雰囲気がでてる、素敵な絵本。




そして・・・



ラストは真っ黒なページの片隅に、ぽつーんと・・・
コレ、最高でした。



人気ブログランキング参加中♪
外国の絵本~って感じ人気blogランキングへ
[2006/12/13 13:15] 頑張る!子ども | TB(1) | CM(2)

うさぎのチッチ 

2、3年前から勝手に大注目してるケス・グレイさん。
(例えばコレ。そしてコレ


全部読んでると思ってましたが、1冊読み落としがあったことに最近気づきました。


だって、この絵本、今までのと全然テイストが違う....



絵がかなりほのぼの系だから、ケス・グレイだとは思いませんでしたYO。



でも、読んでみると、やっぱりやっぱりでした。



書きぶりはユニークだけど、読み終わると、ちょっぴり大切なことに気づかせてもらえる、という感じ


ん?でも、今回のは、ちょっぴりじゃないかも。
いつもより、もう少し、メッセージ性が高いような気がします。

うさぎのチッチうさぎのチッチ
ケス グレイ Kes Gray Mary McQuillan

BL出版 2005-02
売り上げランキング : 246641
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うさぎのチッチは、ある日、不思議に思います。



「ねえ、パパ、どうして パパと ママは
 ぼくみたいに ぴょんぴょん はねないの?」



顔を見合わせるパパとママが、話してくれたことは、
それはそれは衝撃的なこと。



チッチがパパとママだと思ってたのは、本当のパパとママじゃないんだと。
なんと、パパは馬で、ママは牛なんだと



ショックを受けたチッチは、家を飛び出してしまいます・・・!



いろいろ事情があるにせよ、うさぎのパパが馬で、ママが牛。
なんて、ちょっと笑わせるところが、ケスグレイさんぽいなーって思うのですが、
内容は深刻。



「本当の親じゃないんだ。」


っていう告白から、お話が始まるわけですから。




思いもかけない事実に、チッチは深く傷ついてしまう。
そして、何とか、馬のパパと牛のママの、本当の子どもになろうとします。



白色だった毛に茶色のどろをつけてみたり。


長い耳を丸めて、洗濯ばさみでとめてみたり。


「もう、もう。ひひん、ひひん」
って鳴いてみたり。




そんなチッチが、健気でいじらしくて、なんだかもう・・・!



でも、本当の親じゃなくっても、大切に、大切に育ててくれたからこそ、
チッチは、こんな風に思うんですよね。



自分の存在を否定して、不安がるチッチに、言って聞かせるパパとママの言葉の優しいこと....!!




そのままのチッチがいちばんだよ!って。
いつだって、私たちのかわいい子どもなんだよ!って。




血のつながりではなく、
一緒に積み重ねてきた思い出の数々が、
互いを思いやる気持ちが、
親子の絆を作っていくんだなぁと素直に思えます。



ところどころで笑わせながら、最後はしみじみ....
さすがケス・グレイです



人気ブログランキング参加中♪
今のあなたが1番!って伝えることは大切だよね人気blogランキングへ
[2006/12/09 15:29] いろいろ家族 | TB(0) | CM(0)

MOE 2007年 1月号 

待ってました!


今月号のMOEは絵本特集ですよん


絵本好きにはたまらん~な特集
その名もずばり!


「今年、いちばん愛された絵本」 


だとさー。


えー!えー!何が一番愛されたのーーー?
知りたい!
ってことで、久々にMOEを買っちゃいました


MOE (モエ) 2007年 01月号 [雑誌]MOE (モエ) 2007年 01月号 [雑誌]

白泉社 2006-12-02
売り上げランキング : 11926

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


巻頭大特集!
 絵本の未来がみえてくるブックガイド決定版
 「今年、いちばん愛された絵本」

MOE絵本ベスト30
 15周年クロニクル(15年間にわたるベスト30を振り返ってるのです。なつかしー)

絵本LOVEスペシャル対談 
 小野明×広松由希子

若手作家・編集者座談会 
 こんな絵本がつくりたい

本当にほしい絵本と出会えるホームページ大図鑑


などなどなどなど・・・!!!


興味津々な記事が盛りだくさん



でも、やっぱり、気になるのは、今年1番愛された絵本ですよねーーー。


なんだろ、なんだろ。

アレかなー。コレかなー。ソレかなー。


ドキドキって、ページをめくったところ!




コレでしたよ。コレ

(今知りたくない人はクリックしないでね!)


あー。なるほど
コレ、新刊でてたんだなぁ。
司書お休みしだしてから、新刊にはほんっと疎くなってたあたし。
早速読んでみなくっちゃ!


それにしても、知らない絵本がいっぱい。


絵本好き心が刺激しまくられます。



でも、私的におもしろかった記事は、
絵本LOVEスペシャル対談でした。



自分の好みを一回、ぶちこわして絵本を読んでみる。
それが絵本を好きになるための方法。


ってのが、なるほどーって。


広松由希子さんが選ぶ絵本って、
ほんと、ツボなのツボ。

よく、「MOEのおすすめ今月の絵本」記事見ながら、選書してましたよ。




というわけで。
今年出たたくさんの絵本と出会える雑誌です。


絵本好きさんの胸がときめきます



それにしても.....

こういう特集見ると、あー。今年も終わっちゃうんだなーって思っちゃいますね。
なんだか寂しい気分




人気ブログランキング参加中♪
付録は、杉浦さやかさんの、絵本とあそぼうシール。かわいいよん人気blogランキングへ

[2006/12/06 09:41] 絵本関連本 | TB(1) | CM(4)

いっぽ にほ さんぽ! 

友だちの子とかに、久しぶりに会って、


「えーーーーい、いつのまにこんなに大きくなったの


ってびっくりする、という経験、ないですか?
(私はしょっちゅうだったり!まめに連絡とらない派なので....


今日、私は、ある絵本に出会って、そんなびっくりな気持ちになりました!



ある絵本、とは、この絵本。

以前、このブログでも紹介した、「うちにあかちゃんがうまれるの」の続編を発見しちゃったんです!(関連記事はコチラ



自宅出産で、家族みんなに見守られる中、この世に誕生したそらと君。
こんなに大きくなっちゃってました

いっぽにほさんぽ!いっぽにほさんぽ!
いとう えみこ

ポプラ社 2006-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


はじめて あるいた ひのこと 
おぼえてる?

なんども ころんで
なんども たちあがって
ひとりで あるいた ひ。

わたしは
わすれないよ。
きっと、
ずっと。



続編では、そらと君が産まれて、1歳になるまで、
歩けるようになるまでが描かれています。


写真はやっぱりお父さんで。
お姉ちゃんのまなかちゃんの目から見た、そらと君の成長がつづられている、ってところは前作と一緒。
まなかちゃんの、優しいまなざしも一緒一緒


このシリーズの絵本、いつもグッドタイミングで出会っちゃうんですよね~。

前作の、「うちにあかちゃんがうまれるの」を初めて読んだのは、ちょうど自分も妊娠してた時。

その時の子が、ちょうど1歳になって、歩き始めた今、そらと君が歩いた!って絵本が出版されてるなんて!


ちょっとした運命を感じてしまいます



だから、今回も、読んでると、そらと君の写真を見てると、我が子の1歳までの1年間が自然に思い出されてきました。



初めて、寝返りした日のこと。
気が付いたら、おすわりできるようになってた時のこと。
突然立ち上がって、びっくりした時のこと。
「ママー」って言われて、嬉しすぎて、つい夫に電話しちゃった時のこと。



中でも、初めて歩いた時の思いは格別でした。
うちの子、歩き始めがちょっと遅かったんですよね~
まぁ、のんびり母なので、それほど心配はしてませんでしたが。
それでも、待ちに待った!って感じだったから。



喜びと、驚きと、感激とがごちゃごちゃになった感じ。
うれしくて、うれしくて、ね。
そして、その時の娘の顔を見たら....
うれしさ倍増
歩けるようになって、1番喜んでるのは、娘自身なんだ~。
満面の笑顔で、私にむかって歩いてくる姿は....
やっぱり忘れられない一場面です



そんな、成長の大切な大切な瞬間が、
できることがどんどん増えてく喜びを、全身で表した姿がいっぱい出てくる写真絵本です。



「いっぽ、にほ、さんぽ」
そらと君も、うちの娘も、新しい世界にむかって、歩み始めたんですね。
そのきらきらした瞳や、好奇心いっぱいの笑顔をいつまでも持ち続けてほしいな。なんて、思ったのでした。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったらクリックしてね人気blogランキングへ




[2006/12/01 13:38] いのちを感じる! | TB(1) | CM(8)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。