1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベルのともだち 

大好きな「リディアのガーデニング」や、「エリザベスは本の虫」の作者、サラ・スチュワートの新作って言ったら、読まないわけにはいきません!!!


今回も、とってもいい!!
期待通りの、素敵~なお話でした

ベルのともだちベルのともだち
サラ スチュワート Sarah Stewart David Small

アスラン書房 2006-09
売り上げランキング : 40044

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベルの友だちは、家政婦のビー。



ビーは、
忙しくて全然かまってくれないお父さんと、お母さんのかわりに、
ベルの面倒を一切合切見てくれる人。


ベルとビーは、いつも一緒だ。


お洗濯する時も、
アイロンかけする時も、
お掃除する時も、
そして、
お仕事の後、海辺で遊ぶ時もね。


何でも自分一人でできる!って思ってるベルを、
優しく、そしておおらかに見つめるビー。


そんな二人が過ごした日々、という感じなのですが....



この絵本、何がいいって、絵がとってもいいです
絵ってすごいな。
言葉以上に、多くのことを物語ることができるんだな。
と素直に思える。



特に、1ページごとにあらわれる、文章のない、絵だけのページ。



これをじっと見てると、絵の力を感じます。
絵だけで、二人がどれだけ仲良かったかが伝わってくるんですね。
言葉だけじゃ、この二人の関係は、伝わらないんじゃないかな。



それから、二人のの表情の描き方も素晴らしくって!
特に、ビーの、ね。
前半、とても穏やかにベルを見守るビーが、
最後、ベルが海でおぼれかけた時に見せた表情。
力一杯ベルを抱きしめ、天を仰ぐビー。
そして、恐怖と安堵とで顔をおおって泣くビー。



この表情、見てるだけで、どれだけビーがベルのことを大切に思っているかが伝わってきて.....なんともいえない気持ちになります。



だからこそ、


いい人だった。
ともだちだった。
いまも心のなかにいる・・・・・
あのころ、わたしを育ててくれた人。



と最終ページで、ベルが回想するシーンが、胸に迫るんです。





年齢も離れている。
国籍も違うみたい。
そして、立場だって、違う。


だけど、そんなもの飛び越えて、
本当に大切に思える人ができることって絶対あるんだ。
そして。
そんな人がいるって、ほんとに素敵って思える一冊。


(だって、このお話、またもや実話みたい!
 見返しまでじっくり読んでね!!)




人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったらクリックしてね人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[2006/11/30 01:04] 友だち | TB(0) | CM(0)

まいごのどんぐり 

学校司書をやってた頃、この季節になると必ず、どんぐり拾いに行ってました。



どんぐりに顔書いて、どんぐりトトロを作って飾るのが、恒例だったんですね~




どんぐりトトロは、子どもたちに大人気


毎年、「くれ。くれ。」
とうるさいので、クリスマスプレゼントと称して大抽選会をするのも恒例行事


私が集めて、作ったどんぐりトトロたち、元気にしてるかなぁ~。


なんてことを思い出しちゃった1冊。

まいごのどんぐりまいごのどんぐり
松成 真理子

童心社 2002-09
売り上げランキング : 10475
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぼくは どんぐり。
コウくんの どんぐりです。
ぼくの おしりには
「ケーキ」と かいてあります。
コウくんが つけてくれた
ぼくの なまえです。



コウくんと「ケーキ」は大の仲良し
ふたりはいつも一緒。


ところが、コウくんはある日、うっかり、「ケーキ」をおっことしてしまう。
探しても、探しても見つからない「ケーキ」。
次の日も、また次の日もコウくんは探しにくるけれど....
やっぱり見つからない.....


やがて時が過ぎ....
コウくんは、小さな男の子から、少年、そして青年へと成長。
一方の「ケーキ」は.....?



どんぐりの「ケーキ」の目から描いた、
二人の友情と成長の物語、という感じなのですが....


これが、もう、本当にいい!
久しぶりに読んでて、心がじーんと熱くなりました。


コウくんのことが大好きな「ケーキ」の気持ちが、
絵本からバシバシ伝わってくるのです。


コウくんに見つけてもらいたくて、おしりを上にして頑張る「ケーキ」
見つけてもらえなくて、ちょっぴり涙がこぼれる「ケーキ」
さくさくさくという足音だけで、『コウくんがきた!』って分かる「ケーキ」
『コウくんとつながってるかもしれない。』と空を眺める「ケーキ」



「ケーキ」のコウくんを想うエピソードの連続に、
それなのに、コウくんと再会できない運命に、
胸が痛みます。


「ケーキ」をコウくんに会わせてあげてください。
コウくん、「ケーキ」のこと、思い出してください。


ページをめくるたびに、そんな風に心の中で祈ってしまう。



だから。



二人が再会し、心を通わせる場面は、本当に感動的です。



やっぱり、さくさくさくさく という足音だけでコウくんが来たことがわかるケーキ。
おしりのしるしがなくなっていたって、「ケーキ」だってことがわかるコウくん。


コウくんは、ケーキのこと、忘れていたわけじゃなかったんですね。



そのことが分かって、そして、「ケーキ」の想いが通じたことが分かって、最高に幸せになれるストーリーです。



どんぐりの季節に、絶対子どもたちに紹介したい1冊




人気ブログランキング参加中♪
誰かのことを、じっと見守ることができるっていいよね人気blogランキングへ
[2006/11/22 00:04] 自然となかよし | TB(2) | CM(4)

ファーディとおちば 

昨日、久々~に大きな公園に行ったら、
いっぱい落ち葉が落ちてた(日本語へん?)ので、びっくり。


まさに、落ち葉のじゅうたん~って感じなのでした。



娘は落ち葉がいたく気に入った様子


葉っぱの上を歩いて、かしゃかしゃいうのを楽しんだり、
気に入った落ち葉を拾って、私にくれたり。


ほんとびっくり


というのも、
娘は植物大っ嫌いっ子なのです(いなか育ちのくせに)


今まで、きれいな花とか見せても、
「いや~ん
って感じで逃げてばっかりで。


それが、しっかり落ち葉とたわむれて?いたのでね。
これが、THE成長なのかしら...?



そのうち、
「なんで、葉っぱが落ちるの~?」とか
「なんで、葉っぱの色が変わるの~?」
とか言うようになるのかな。
(答えられませんが

ファーディとおちばファーディとおちば
ジュリア ローリンソン Julia Rawlinson Tiphanie Beeke

理論社 2006-10
売り上げランキング : 139307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファーディのお友達は、大きな木。
でも、ここのところ、木の元気がありません。
葉っぱは、かさかさ。
ところどころ、黄色くなったり茶色になったり。


心配になったファーディは、お母さんに相談しました。
そしたら、秋だから、心配いらないよ!って。


ファーディは走って行って、友だちに言います。


「しんぱい しなくていいよ。
 あき だからね。すぐ よくなるよ」



ってね。


ところが、秋が深まるにつれて、どんどん元気がなくなっていく友だちの木。
ファーディもどんどん、どんどん、心配になっていきます....



季節の移り変わり...ということがまだ理解できていないこぎつね、ファーディ。
友だちの木を守らなくっちゃ!と必死になるところが、とってもかわいらしく、ファーディの優しさがキラキラ光るような絵本です。


落ち葉をもう一度、枝にくくりつけようとしたり。
風に吹き飛ばされる葉っぱを追いかけたり。
落ち葉を集めるリスやハリネズミに「はっぱをかえしてー」って叫んだり。


きわめつけは、なんといっても最後の一枚を守り抜こうとする場面。
ファーディの健気さがなんともいえません


さて。
ファーディが守り抜こうと思った、木の葉っぱ。
当然の事ながら、はらはらと全部落ちてしまいます。


落ち込むファーディ。


でもね。
次の日友だちの木に会いに行ってみると....


なんと、とっても素敵なことが!
ラストページがキラキラ、本当に美しい絵本です。


人気ブログランキング参加中♪
立ち読みでもいいから、この絵本、読んでみて!てくらいオススメ人気blogランキングへ
[2006/11/18 07:18] 自然となかよし | TB(0) | CM(4)

ばいばい ようちゃん 

うちの子が初めてしゃべった言葉は、

「ばいばい。」
(正確には、「ばっばっ。」だけど

でした。


単純な私は、
「わーいしゃべった。」
って喜んだだけだったけど、
ロマンチストな夫は、
「初めての言葉が、『ばいばい。』だなんて。
 寂しすぎる
って泣きそうな顔をしてました。


遠い遠い将来(と思ってる)娘とばいばいする日のことを思って、
ちょっと悲しくなったもよう


今でも娘は「ばいばい。」が大好き。
いつでもどこでも、すぐ「ばいばい。」をします。


そんな娘とよく似ている男の子を絵本で見つけました。
夫じゃないけど、最後まで読むとなんだか泣きそうになってしまいました。


ばいばいようちゃん
やました はるおぶん / わたなべ ようじえ
童心社 (1994.7)
通常1-3週間以内に発送します。


わたしの おとうと
なまえは ようちゃん
もうすぐ 2さいで
ばいばいの めいじん



あさおきたら、すぐばいばい。
トイレのうんちを流すときにもばいばい。
私が学校に行く時も、もちろんばいばい。


ありさんにも、ちょうちょさんにも、
たんぽぽさんにも、ことりさんにも.....!
みんなにばいばい。


だから、あだなは、ばいばいようちゃん。


でもね、でもね・・・?


ようちゃんが、ばいばいしなかったことがあるのです。
それは・・・???



本当のお別れの意味を知って、
ばいばいができなかったようちゃん。
何も言わずに、まつげに涙をためてるだけ....



「本当のバイバイの意味なんて知らない今が
 一番、幸せなのかなぁ。」

とうちの夫。


そうだねー。そうかもしれないよね。
でも、本当の悲しみやつらさを知るから、
人は成長していくし、
優しくもなれるんじゃないのかなぁ....。



今日も、娘は、いろんな人に、いろんな物に、
「ばいばい。」って、手をふります。

いつか、娘もばいばいするのがつらくなる日が来るんだろうな。

その時、私は、この絵本のことを思い出すような気がします。
そして、娘の心の成長を感じるんだろうなと思います。



人気ブログランキング参加中♪
温かい絵柄と文章がベストマッチな絵本です。→人気blogランキングへ
[2006/11/14 11:16] 気持ちいろいろ | TB(0) | CM(2)

ウエズレーの国 

「人とちがってもいいじゃない!」


なーんてことは、言うだけなら簡単だけど、実践するとなると....なかなか~。


やっぱり周囲は気になるし。
人に合わせてる方が楽って思うこともしばしば。


だから、この絵本の、ウエズレーみたいな子に出会うと、ほんとにスカッとします~

ウエズレーの国ウエズレーの国
ポール・フライシュマン ケビン・ホークス 千葉 茂樹 Paul Fleischman Kevin Hauks

あすなろ書房 1999-07
売り上げランキング : 123187
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ウエズレーは、町のほかの子とはちがっていた。
ピザもコーラもだいっきらい。
サッカーなんて、ばかばかしい。
かみがただって、へんてこだ。
 


だから、ウエズレーは、いつもひとりだけはみだしてる。
友だちからもういている。
ウエズレーに友だちはいないのだ。


そんなウエズレーが夏休みの自由研究に思いついたこと。

それは.....



自分だけの文明を作るってこと!




庭に飛んできた不思議な種を育て、自分だけの作物を作り、
その果物から、ジュースを絞り、
その茎からとった繊維で自分だけの洋服を作るウエズレー。


遊びだって、文字だって、全部自分で考えるのだ



そして、自分の庭にできたのは....



自分だけの国、 ウエズランディア! (=ウエズレーの国)



もちろん、名付け親はウエズレー!
ウエズレーが考えた、自分のための、自分だけの国



これが、オー!ブラボー!ってなくらい素敵な場所




青い空、白い雲!そして、緑がいっぱいの自分の家の庭に、
見たことも、食べたこともない実(ウエズレー語でサルーシュっていうのです)を育て、
自分で作った服を着て、
自分で作った空中ベッドに寝ころんで、
満天の星空を眺めるウエズレー。


昼間は、自分で考えたゲームで遊んで、
自分で考えた文字でウエズランディアの歴史をつづる....


ほらほら、素敵な生活でしょ!





少しずつ、少しずつ、ウエズレーの考えた文明が形になり、本当に一国を形成していく描写がとってもおもしろいのです。
そして、全部ウエズレーの家の庭で起こってることなんだけど、なんだか、冒険物を読んでるようなワクワク感もあり
できあがったウエズランディアは本当に魅力的。あーー!参加してみたい!



でも、本当に魅力的なのは、ウエズレー自身なのかも

みんなと違うからって、いじめられるけど、そんなのどこ吹く風のウエズレー。
自分の力で、自分の世界を創っていける強さを持つウエズレー。
だからといって、他者と交わることを拒否しているわけじゃない。
ウエズランディアに興味を持った子は、自分のやり方で、ちゃんと招き入れることもできる。そんな柔らかさも持ったウエズレー。



最初は、「弱っちい子だなー」って感じるんですが、読み進めるうちに、ウエズレーの眼鏡の奥の、まっすぐな瞳に引き込まれちゃうから不思議



さてさて、夏休みが終わった9月。
ウエズレーはどうなったと思います???
それはご自分の目でお確かめあれ。

ほんっとうに、爽快なラストです



人気ブログランキング参加中♪
ウエズレーって、ちょっとハリーポッターに似てるよね!→人気blogランキングへ



[2006/11/09 15:04] わたしはわたし | TB(0) | CM(2)

トゲトゲぼうや 

ハリネズミの絵本、ってだけで、ついつい手にとってしまいます。


ハリネズミって、なんていうのか....


体はトゲトゲ持ってて、攻撃的なんだけど、
性格はおとなしくて、やさしくて、ちょっとおとぼけで....
でも、心に強いものを持ってる


・・・ってキャラが多いような気がするのです!

このこ、とか、このこ、とか・・・ね!)


そういう子、大好き


今日ご紹介するハリネズミのトゲトゲも、
愛すべきトゲトゲですよん

トゲトゲぼうやトゲトゲぼうや
今村 葦子

金の星社 2004-10
売り上げランキング : 197358

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


気持ちのいい秋のある日
ぐんぐん流れていく雲を眺めていると、
ひとりぼっちのトゲトゲぼうやは、ともだちがほしくてほしくてたまらなくなりました。


「よし。ぼくともだちを さがすぞ。」


お父さんとお母さんにそう宣言して、
家を出て行くトゲトゲぼうや


「おまえは、みんなが いやがる トゲトゲなんだよ。」 


なんて、心配するお父さんとお母さんに、


「ぼくのうちがわの、ここのところで、
 ともだちが ほしいよって、
 ひとりぼっちの、こえがするんだ」



っていう言葉を残して、出かけてゆくのでした・・・!!!




この言葉、ぐっときませんか~???
私は、なんだかもう、心をわしづかみにされてしまいました!!


そうだよね。
どんなにお父さんやお母さんに愛されてても、
それだけじゃ、満たされないって時がくるんだと思う!


友だちできると....本当に強くなれるってこと、あるもの!



だけど、お父さんとお母さんはとっても心配なのです。
だから、なかなか帰ってこないトゲトゲぼうやの後を追って、彼を探しに出かけてしまいます。


でもね。
探しに行った先々で、二人が知ったのは、我が子の意外な一面

トゲトゲぼうやは、トゲトゲがあるからってみんなから嫌われるような子じゃないんです。
やさしくって、勇敢で、素敵な子に育ってるのです。


そのことが分かって、お父さんも、お母さんも、そして、読者である私たちも、本当にほっとできる、ラストページです



我が子も今はお母さん命(たぶん、ね....)なんだけど、いつか、それだけじゃ物足りなくなる日が来るんだろうな。


そんな日がきたら。絶対、応援してあげますよ。

なんてね。思ったりもした1冊です。




人気ブログランキング参加中♪
西村繁男さんのあったかーい絵がベストマッチです→人気blogランキングへ
[2006/11/02 15:09] 友だち | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。