1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

でるでるでるぞ 

「だれがだれやらわかりません」がおもしろかった高谷まちこさんの新刊でしたー。

でる でる でるぞ (クローバー絵本シリーズ)
でる でる でるぞ (クローバー絵本シリーズ)高谷 まちこ

佼成出版社 2012-06-30
売り上げランキング : 526264


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「だれがだれやら」は新感覚なしかけ絵本!
って思ったんだけど、今度のコチラもちょっぴり新感覚。
なんたって、おばけがこわくなーい。
こわくないばかりか、とってもお役立ちなおばけたち・・・。
こんなおばけさんなら、家にいっぱいいてもいいかもね。

個人的には、おばけが登場する時の、効果音?
みたいなのが気に入りました。
じゃ、びーん!とか
ば、びょーん!とか
どんどろべえ!とか。
聞いたことない擬音だけど、
確かに、おばけがでて来る時は、こんな音出そう・・・
って思えるところがおもしろい。

たくさん登場したおばけたちの解説は見開きに・・・。
見開きまでめいっぱい楽しめる、
サービス精神たっぷりな絵本なのでした。

スポンサーサイト

[2012/12/25 17:44] こわ~い!?おばけ | TB(0) | CM(0)

ちょうつがいきいきい 

またまた季節外れ・・・

ちょうつがい きいきい (怪談えほん5)
ちょうつがい きいきい (怪談えほん5)加門 七海 東 雅夫

岩崎書店 2012-03-01
売り上げランキング : 81632


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずっと読んでみたかった怪談えほん。
軽部さんの絵ってだけで、期待大です。

部屋のとびらをあける男の子。
ちょうつがいがきいきいなってるのが気になって、
しゃがんでみてみると・・・。

そこには真っ黒なおばけがはさまってて、
きいきい、きいきい、高い声でないている。
慌ててお兄ちゃんに知らせに行くと・・・
今度はお兄ちゃんのいすからもきいきいきい。
外に出ると、公園のブランコからきいきいきい。
女の人が押す乳母車からもきいきいきい。

きいきいきい。
きいきいきい。
きいきいきい・・・!

って・・・。

こわすぎやろーーーーー!

読んだ後、あちこちの隙間を見るのが怖くなる絵本です。
ちょうつがいや、椅子の足や、ブランコのくさり・・・に
はさまってるおばけが気味悪い&痛そうで。
(実際、おばけたちは、「いたいいたい」って言ってるし。
 てか、おばけが痛いって・・・それが不気味)
うちの子なんて、読み聞かせてやるともう、
「やめて!やめて!」って・・・!涙目。
ちびっ子には、相当インパクトありますよん。

怪談えほんシリーズ、他のも読んでみなくっちゃー!
[2012/11/05 14:22] こわ~い!?おばけ | TB(1) | CM(0)

ぼくはモンスターのとこやさん 

この絵本、サイコーでした。

ぼくはモンスターのとこやさん
ぼくはモンスターのとこやさんマシュー マケリゴット

徳間書店 2011-03-25
売り上げランキング : 163159


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公のぼくのお父さんはとこやさん。
そして、ぼくは・・・モンスターのとこやさん!


満月の夜になると、こっそり家を抜け出して・・・
父さんのお店で、モンスターたちの髪の毛を切ってあげるのです!


ドラキュラにフランケンに骸骨男まで!!!
いろんなモンスターが僕のお店に現れます。
お化けが出てくるんだから、もっと怖い話を期待してたぜ。
とよゆーかまして読んでたら・・・。
最後のオチにびっくり仰天!
「ひょえー!」って声上げちゃったよ。
でも、こういうの、いいなぁ。
予想を派手に裏切る展開、読み聞かせ向きですよ!


作者は誰かしら・・・?と思ったら、
「王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶんばいのばいのおはなし」を書いた、
マシューマケリゴットさんでした。


子どもが楽しめるお話、上手だわー。


[2012/10/04 13:58] こわ~い!?おばけ | TB(0) | CM(0)

こんやはなんのぎょうれつ? 

こんやは なんのぎょうれつ? (絵本・いつでもいっしょ)
こんやは  なんのぎょうれつ? (絵本・いつでもいっしょ)オームラトモコ

ポプラ社 2012-06-16
売り上げランキング : 392811


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前作、「なんのぎょうれつ?」 では動物たちが、
ながーい行列を作ってましたが・・・。


新作では、妖怪たちが長い行列を!
前作同様、行列は後ろから前へ前へ!
古今東西、老若男女?世界中の妖怪たちが、
「何か」を求めて、並んでます。


構成は前作と同じなんだけど、
「へー。妖怪ってこんなにいるんだぁ・・・。」
という驚きと共に読めること間違いなし。
「お化け」と一言で言ってもこんなに種類があるとはね。
知らない妖怪がいっぱい。
並んでる妖怪たちのからみも相変わらずおもしろく・・・。
妖怪たちが並んでるだけなのに、
そこにドラマがあるのが読ませます。


そしてそして・・・。
一体彼らが何のために並んでるのか・・・
が分かるのが終盤のクライマックス。
見開きいっぱいに描かれた「アレ」!
そっかー。妖怪たちも「アレ」好きなのね~。
あたしも好きだわさー。



いろんな意味で夏休みにぴったり。
やっぱ、妖怪たちもバカンスしたいよね♪


[2012/09/05 14:04] こわ~い!?おばけ | TB(0) | CM(2)

どーんちーんかーん 

どーんちーんかーん (講談社の創作絵本)
どーんちーんかーん (講談社の創作絵本)武田 美穂

講談社 2011-08-26
売り上げランキング : 136224


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作者の武田美穂さんがまだ子どもの頃、
おじいちゃんが語ってくれたという徳島の昔話が元になってるんだそう。

狐にいたずらをした山伏が、逆に狐に仕返しされる、
っていう、昔話にはよくあるパターンなんですが・・・


これが案外怖~~~~い!


少しずつ、少しずつ、狐が化けた化け物(化け化け???)が、
山伏を追い込んでいくんですが、


どーんちーんかーん
なむなむなむなむ
ぎっちらーぎっちらー



なんていう擬音語の連続が、徐々に読み手を恐怖へ誘います。


最初、武田美穂さんみたいな、かわいらしいイラストの方が、
怖い話ってどうなんだ?と思いましたが、
これはこれでいい感じ。
てか、けっこう怖い。
棺桶?みたいな箱の中から死んだはずの人がでてくるシーンなんて・・・。
ムスメは絶叫ものでしたよ~。



これは、お話会にぴったりの絵本ですね!
夏に怪談話を読みたい時とかよいと思います。
(今はばりばり冬ですが






[2011/12/27 06:08] こわ~い!?おばけ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。