1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ファーディのクリスマス 

何か罰ゲームですか!?
てくらい、またまた季節はずれな絵本です。
すいませーん


ファーディのクリスマス
ファーディのクリスマスジュリア ローリンソン ティファニー ビーク

理論社 2011-10
売り上げランキング : 484262


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ファーディ、好きなんです。
新しいの出てたから、即買いです。


今回はクリスマスバージョン。
クリスマスイブのある日。
ファーディは、引っ越してしまったウサギさんのことが
心配になります。


「こんや ウサギさんたちの あたらしいいえに、
 サンタさん、いけるのかなぁ・・・」


って!!!


そこで、サンタさんが迷わないように、ファーディは
ウサギさんの家まで、枝で矢印をつけることにしたのですが・・・!?



というお話。



ファーディ、大きくなりましたね...
なんたって、「ファーディとおちば」の頃は、
大きな木がお友達とか言ってたんですからね!
リアル友ができたわけだ・・・。
でも、友達を思う気持ちは、あの頃と全然変わりません。
新刊も、ファーディの優しさが軸になっているお話で、
読むと暖かな気持ちになれます。



昔は、こういうお話を読むと、
「ありがちだなぁ。」と思ったものですが、
自分の子どもが本を読むようになって、ちょっと感想が変わってきてる気がします。
まっすぐな優しさを持った子が出てくるお話って、
子どもって本当に大好きなんですよね。
うちの子も、
「このお話,好き好き。」
と言いながら、何度も読んでます。
優しい子がまっとうに優しく、その優しさでみなが幸せになる・・・
これって絵本を読む子どもが望むストーリーなんじゃなかろうかと。
読むと、きっと安心感を覚えるんじゃないかな。
こういう優しさを心地よく感じる心って、ほんと、大切ですよね。



絵も相変わらずちょいおしゃれで、おうちに飾ってもいい感じ♪
クリスマスツリーのシーンもステキだけど、
個人的には、雪が降るシーンがすきだわぁ~。


あき、はる、ふゆ・・・ときたので、
次はファーディの夏バージョン楽しみにしてます。

スポンサーサイト

[2012/05/24 14:27] クリスマス | TB(0) | CM(0)

クリスマスのきせき 

すっごい季節はずれなんですが。

クリスマスのきせき (えほんのぼうけん18)
クリスマスのきせき (えほんのぼうけん18)高畠 那生

岩崎書店 2010-10-16
売り上げランキング : 149307


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この絵本、ムスメの友だちとやったクリスマス会で、

読み聞かせようかな~と思って、クリスマスの頃探してたんです。

高畠那生さんなんで、絶対おもしろいだろうと。

ウケルだろうと。


でも、クリスマスシーズンには図書館では貸し出し中で出会えなかったので、

他の絵本を読み聞かせ・・・したんですが。

う~ん。コレ、クリスマス会前に見つかってても、読み聞かせなかったかもー。

決して、おもしろくなかった、てわけではないんですけども。

何というのか、直球クリスマスな絵本じゃないのよね~。


どこが直球じゃないか、というとですね。


クリスマスイブだから・・・
とペンギンが七面鳥に雪を届けようと思う、という設定とか。


「クリスマスのきせき」なんていうロマンチックなタイトルらしくない、
おかしな展開とか。


クリスマスツリーもケーキもでてこないとことか。


高畠那生さんらしい奇妙なはずし方がねぇ。

自分的には、笑えるんだけど、
大勢での(特にクリスマス会的な)読み聞かせには向いてないかな~。と思って。

小心者なあたしは、クリスマス会ではべたなクリスマス絵本を読んだのでした。


でも、クリスマス絵本って言ったら、こういうもの・・・

って常識?を裏切る、ゆかいな絵本です。

サンタさんとかね、ほとんど出てこなくって、

最後にちらってのがいいよね!


でも、みんなで読んでみんなで笑える絵本も書いて欲しいな~。

私の中での高畠那生絵本NO1は、「でっこりぼっこり」なんで、

ああいうの、次回は期待してます。



[2011/02/08 16:05] クリスマス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。