1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まいにちまいにちたんじょうび 

まいにちまいにちたんじょうび
まいにちまいにちたんじょうび正高 もとこ

偕成社 2010-10-07
売り上げランキング : 955264


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もうすぐ誕生日♪のムスメに読んでやったら、バカウケ~。
1人でも何度も読み返してました。
きっと、主人公のいっこちゃんにものすごく共感したんでしょう!


いっこちゃんは、5歳の誕生日を迎えた女の子。
誕生日会が楽しすぎて、お母さんにお願いします。


「まいにち、おたんじょうびして!」 


お願いされたお母さんはこう答えます。


「いっこちゃんが じぶんで ケーキを つくるなら、
 ろうそくを たてて、おいわいしてあげるわよ。」 



そんなわけで、いっこちゃん、毎日自分でケーキを作って、
お祝いしてもらうことになるのですが・・・というお話。


この、「ろうそくたてておいわい」ってのがミソですよね。
毎日お誕生日会するたびに、ろうそくが増えていく・・・
どんどん年取っちゃうじゃーん、いやーん!ってなるの。
うちの子も同じこと言うなぁ。
毎日お誕生日だといいけど、すぐおばあちゃんになっちゃうよーって。
(だから、毎日クリスマスがいいんだとさ。)


それにしても、お母さんがスバラシイですよね。
あたしだったら、
「毎日お誕生日会~~~?勘弁してよー。」
ってなっちゃうところを、ちゃんと相手してあげるんだもんね!
プレゼントも毎日ちゃんと用意してあげるし、
最後の最後にいっちゃんにかける言葉もすごくいい。
そうだね、お誕生日って、産まれてきてくれてありがとうって思う日だよね。
親にとっては。


毎年、「お誕生日っていいなー。」って思えるようなお誕生日を過ごさせてあげたい!
そんな風に思える1冊です。
めんどくさがらずに、子どもとケーキ作りもしてみようかな~。
いっちゃんが作るケーキは、子どもが1人でも作れるような、簡単レシピ。
コレならやってみようって気にもなりますよ!
スポンサーサイト

[2011/07/06 11:30] 誕生日 | TB(0) | CM(0)

ろうそくいっぽん 

最初は、さら~っと読みとばしてしまったのだけど、
何度も娘に読み聞かせてるうちに、
じわじわとおもしろさを感じてきました。

やっぱ、絵本は繰り返し読め、だなぁ。

ろうそくいっぽん (えほんひろば)
ろうそくいっぽん (えほんひろば)市居 みか

小峰書店 2008-10
売り上げランキング : 262200


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ろうそく いっぽん ひを つけて、
よるの みちを いそげ いそげ。
きょうは だいじな だいじな ひ。
 




最初の、この3行読んだだけで、
「誕生日だよ!ママ!」
とオチを言い当ててしまったわがコ・・・・。
子どもって、誕生日ケーキのろうそくふ~って消すの大好きだから、
ろうそく=誕生日ってピピンときちゃうんですかね。。。


で、なんだかな~、もうオチがばれちゃったよ・・・
って気分で読んだので、最初はまったく気持ちが盛りあがらなかったのだけれど。



繰り返し読むうちに、これはおもしろいな、と。



誕生日ケーキのろうそくに火をつけるために、
男の子がろうそくを一本持って、森を走り抜けようとする、
その途中に、いろいろな動物たちに、
「火をかして」
と頼まれる・・・・というお話なのですが・・・・。

この一本のろうそくの火が、いろいろなことに使われるんですね。
ある時は、魚を焼くために。
ある時は、花火をするために。
ある時は、消えたランプの火を灯すために。




火はいろいろなものに、姿を変えていき、
最後は、誕生日のろうそくの火に。
予想どおりなんだけど、予想通りなんだけど・・・・ろうそくの数に驚き。
「わぁ~」と声があがりました。
そして、ろうそくの火にむかって「ふ~っ」とするのはお約束。
すると・・・・・。


火がついたろうそくと、消えたろうそくと。
そのコントラストの鮮やかさにもやられました。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。