1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ええところ 

「おこだでませんように」で親の心を鷲摑みにした
くすのきしげのりさんの新刊ですね~。

ええところ (絵本単品)
ええところ (絵本単品)くすのき しげのり ふるしょう ようこ

学研教育出版 2012-01-10
売り上げランキング : 37793


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


背も低い、力も弱い、走るのも遅い・・・
声も小さくて、100点なんか一回もとったことない小学1年のあいちゃん。

「わたしって、ええところひとつもないなぁ。」 

って友だちのともちゃんにつぶやくと、
ともちゃんが、あいちゃんのいいところを教えてくれた!

「あいちゃんのて、クラスでいちばんあったかい。」 

って!



え?えぇぇぇぇぇぇぇぇーーーー!?


ってのけぞりませんか?その答え?
手があったかいとこが一番いいとこって!


と心の中で突っ込みましたが、
大丈夫。ちゃんと、納得のオチが用意されてました。



「おこだでませんように」同様、ちょっと道徳的なお話です。
好みが分かれるところかもしれませんが、先生ウケはするかな。
あたしは、というと、最近年のせいなのか、
こういう直球ストレートないぃ話に弱い。あはは。
あいちゃんが、みんなの手を温めてあげたせいで、
手が冷たくなちゃって、「いいとこなくなっちゃった・・・」って涙するとことか、
泣けたよ。(涙腺弱すぎ)
次にきっとこういう展開だな、と読めたけど泣けたよ。


この絵本のええところ、は、おしゃれなイラストをつけたとこかなーと思います。
道徳的なお話には、大体、道徳的な絵(どんなだ)がついてるもんですが、
なんか異常にしゃれてる。
このしゃれた絵が、道徳的な話を好まない子どもも引きつけると思う。
「説教くさい話は嫌いだぜ。」
って思ってる子も、読んでみりゃ、心にずしんとくるのでは?
それが大切


スポンサーサイト

[2012/09/27 13:32] 頑張る!子ども | TB(0) | CM(0)

こぶたのぽんくん 

こぶたのぽんくん (ケロちゃんえほん)
こぶたのぽんくん (ケロちゃんえほん)ますだ ゆうこ 西村 敏雄

そうえん社 2010-09
売り上げランキング : 770732


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ねこのおいしゃさん」で有名なますだゆうこさんの新作(かな?)に、
大好きな西村敏雄さんが絵をつけた絵本。


ストーリーは、ものすごくよくあるパターンで、
こわがりのこぶたのぽんくんが、お母さんに頼まれて、
初めて1人でおかいものに行く・・・というもの。
日テレのはじめてのおつかい、みたいな感じ?
絵本界のあるあるネタなわけなんですが、
初めておつかいにでかける子の不安感、ドキドキ感が
うまく描かれていて、おもしろいです。


例えば、何でもない車のクラクションに本気でびびってみたり、
いつものゴミ箱が、オオカミに見えてみたり・・・。
あ~こういうことって、子どもの頃あったよなぁ・・・(遠い目)って。
お母さんと一緒だったら、全然、気にもとめなかったことでも、
1人だとスゴイものにうつっちゃう。
まさに大冒険。


子ども時代が遠い昔になってしまってるあたしでも、こんな気持ちになるんだから、
本当の子どもが読むと、共感しまくることでしょう。
我が子@5歳は、「いいな~。1人でおつかいしてみたいな~。」って。
何でも1人で、もしくはお友達としてみたいお年頃・・・。
いいのに~。そんなに焦って大きくならなくても・・・。



いろんなことが起こるけれど、ぽんくんのおつかい大挑戦は、
もちろん、無事終わって、おうちに帰るとお母さんがにっこり・・・。
この安心感がいいよね!
言葉のリズムも、めくりのタイミングもいいので、
読み聞かせにもよさそう。
さすがますだゆうこさんです。



もちろん、西村さんの絵もイカしてます。
ちょっと頼りないぽんくんの絵がいい!
表情がいいんよね、表情が・・・!






[2011/04/14 06:18] 頑張る!子ども | TB(0) | CM(0)

てのひら 

「ちょっとだけ」の作者、瀧村有子さんの新刊です。

てのひら (わたしのえほん)
てのひら (わたしのえほん)藤田 ひおこ

PHP研究所 2010-02-27
売り上げランキング : 319304


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゆみちゃんは、幼稚園に通う3歳の女の子。
でも、幼稚園になかなか慣れなくて、毎日元気がありません。
そんなゆみちゃんに、ママがてのひらにマジックで、
元気がでてくるおまじないをかけてくれます。

少しずつ、元気がでてくるゆみちゃん。
でも、まだ庭で遊んだことがありません。

そこでまた、ママがおまじないをかけてくれたのですが・・・?


「ちょっとだけ」と同じく、瀧村さんの実生活から生まれた
お話なんだとか。


う~ん。瀧村さんって、子育て上手なんだろうなぁ・・・、
と思わせられるエピソードです。



私もゆみちゃん同様、かーなーり、大人しい女の子だったので、
幼稚園での不安な気持ち、お友達の輪に自分から入れない気持ち・・・
すごく分かりました。


こういう時って、無理矢理じゃダメなんですよね。
一歩踏み出すための力を、ゆみちゃんにあげたお母さん、
とってもステキです。


こういう母にならなくては・・・、と思わせられます。
「ちょっとだけ」もそうなんだけど、
瀧村さんの絵本って、子どもにより、親に読ませるといい内容ですね~。
子育て中のお母さん(お父さんもですが)必読です。



我が子も、慣れない場所ではすぐ固まっちゃうような子。
ゆみちゃんのママのおまじない、まねてみちゃおっかな~。

[2010/03/20 06:23] 頑張る!子ども | TB(0) | CM(0)

えかきむしのきもち 

久々に絵本。

えかきむしのきもち (絵本・こどものひろば)
えかきむしのきもち (絵本・こどものひろば)
童心社 2009-04
売り上げランキング : 462260

おすすめ平均 star
star絵を描こう!
starえかきむしのじかんだ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぼくは、絵を描くのが大好き。

毎日、いろ~んなところに絵を描きます。

そんなぼくに、学校の先生がこう言いました。


「きみは ほんま えかきの むしやわ!」 


えかきのむし???
変な名前だけど、ちょっとうれしい


絵を描くのが大好きな男の子のお話です。

***

いーなー、いーなーと思ったのは、やっぱり先生の言葉。

どこにでもかしこにでも絵を描くぼくに、
(部屋のふすまでしょ、車でしょ、近所の道でしょ・・・!)
怒るでもなくこんな↑言葉がかけられるなんて!

ステキ。


絵って、自己表現の一種だから、誰かに認めてもらえる・・・
って大切なことだと思うんですよねー。

私、幼稚園の頃に、お友達に、

「かなちゃんの女の子の絵って、かわいくないよね。」

って言われたのがショックで、
あんまり、人前で絵を描くのが好きじゃなくなった・・・


てほどオーバーなもんじゃないんだけど、
絵に関してはけなされることはあっても、ほめられることがあんまりなかったので。


いまだに、人前で絵を描くのはなんとなくはばかられる感じなんです。


でもね。
我が子を見てると、子どもって基本的に絵を描くの大好きじゃないですか。
うまい、とか下手とか関係なく、自由に何かを描いていくのが。
この気持ちを、生かすも殺すも、周囲の大人次第なんじゃないか・・・
てなことをまた思いました。


そうそう、ピーター・レイノルズの「てん」や、「っぽい」も、同じようなお話だったなーと。
えかきむしさんは、けっこう、同じ経験してるのかもですね。


この絵本の主人公のぼくはきっと、作者の中川洋典さん自身かな、と。
こんなブログ書かれてますし。


優しい顔をしたえかきむしさんが描く絵は、
とてもダイナミックでユーモラス。
いろんなところに遊び心もあって、隅から隅まで楽しめます。


楽しく絵を描いてた頃を、思い出して!


人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

[2009/08/30 07:31] 頑張る!子ども | TB(0) | CM(0)

おこだでませんように 

これも、今年の課題図書です。

私、この絵本、去年読んでたんですよね~。
すごくよかったんだけど、まさか、課題図書になるとは・・・!

おこだでませんように
おこだでませんように石井 聖岳

小学館 2008-06
売り上げランキング : 10985

おすすめ平均 star
star幼い子の願い事の深い意味を知リ得るために
star涙があふれてきました。
starぽろり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公のぼくは、家でも学校でも、おこられてばかり。


ぼくは どないしたら おこられへんのやろ。
ぼくは どないしたら ほめてもられるのやろ。
ぼくは・・・・・・「わるいこ」なんやろか・・・・・・。
 



そんなぼくが、七夕の短冊にこめた願い天の川・・・・とは?




あーーーーーーーー!
こういう子って、いるよなぁ・・・・・!



マイペースで、
自分の気持ちをうまく相手に伝えられなくて、
すぐ手がでちゃって・・・・・。
友だちともトラブルよくおこして、先生に怒られてばっかりの子。



昨日も、ある男の子が、図書館に来て、
友だちの借りてた本奪ってけんかになるわ、
怒りがおさまらなくて、本投げつけてくるわ、
時間になっても、なかなか教室帰らないわ・・・・


で、私、キレそうになったんですけど。



この絵本、思い出して、なんとか、
腹がたつ気持ちを、おさめました(つもり)



自分の感情をコントロールする方法を知らないだけなのかも。
自分の気持ちのもっていきどころを知らないだけなのかも・・・・



子どもの、声にならない声をすくってあげるのが、
大人の役目なのかもしれません。

と、思わせるシーンが、この絵本の中にいっぱいでてくるのです。
 
怒られてばかりの子の、切ない気持ちにはっとさせられました。



・・・・・・まぁ、実際無茶苦茶な子を目の前にしたら、
腹立ちを収めるのが難しかったりもするのですが。
未熟者ですみません...... 



でも、腹が立ったら、この子のことを思い出してみよう!
と思いました。



作者のくすのきしげのりさんって・・・・小学校の先生なんですね。


きっと、いい先生なんだろうなぁ・・・。



人気ブログランキング参加中♪
読みたくなったら、クリック♪クリック♪→人気blogランキングへ

[2009/05/30 06:53] 頑張る!子ども | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。