1. 無料アクセス解析












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

りんごかもしれない 

おもしろかったー!

りんごかもしれない
りんごかもしれないヨシタケシンスケ

ブロンズ新社 2013-04-17
売り上げランキング : 14958


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


始まりは一個のりんご。
テーブルにのっかてるりんごを見て、ぼくは思う。

「もしかしたら、これは りんごじゃないのかもしれない。」 

りんごじゃないのかもしれない、
から始まる珍発想。

大きなサクランボの一部かもしれない。
なかみはぶどうゼリーなのかもしれない。
むいてもむいてもかわかもしれない。
ぼくからみえない はんたいがわはみかんかもしれない。

どこまで続くんだ、この妄想はーーーーー!
とページをめくる手がはやってしまいました。

一つのりんごから、「じゃないかもしれない。」と連想できる、
その頭の柔らかさに脱帽。
てか、こういう発想で絵本を作る人がいる、
その才能に脱帽脱帽・・・。

きっと子どもにはもっとこの妄想力があるんじゃね?
てことで読者の「りんごかもしれない」ネタを送ることができるカードが
絵本にはさまれてました。
うちのちびっ子も書いてた。
うちの子らしい、かわいい妄想ににんまり・・・←親ばかだね。
スポンサーサイト

[2013/06/27 14:57] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)

まいごのワンちゃんあずかってます 

まいごの ワンちゃん あずかってます
まいごの ワンちゃん あずかってますアダム ストーワー Adam Stower

小学館 2012-11-21
売り上げランキング : 1507610


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある朝、リリーは庭でとびきり素敵なものを見つけます。
それは、ずっとほしかったワンちゃん!
それもとびきり大きなワンちゃん!

ってところからお話が始まるんだけども、
絵を見ると、これはどこをどう見ても・・・クマ、にしか見えない。
クマにしか見えないんだけども、
リリーには犬にしか見えないみたい。
「まぬけな犬だわ」と一生懸命世話するリリーと、
クマらしい行動をとるばかりのワンちゃんとのやりとりが笑えます。

けれど飼い主が探してるはずよ。
というママの忠告に従って、飼い主を探すリリー。
無事、飼い主(=動物園ね!)が出てきて、
ワンちゃんは元の場所に戻るんだけど・・・。
最後はとびきりのオチがついてます。

さすがリリー。
転んでもただでは起きないわ!


[2013/05/17 06:06] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)

アリゲールデパートではたらく 

またまた前回からずいぶん間があいてしまった!
なかなか順調にはかけないなぁ。

アリゲール デパートではたらく
アリゲール デパートではたらく植垣 歩子

ブロンズ新社 2013-01
売り上げランキング : 631717


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この絵本、おもしろかったです。
きっと買い。

アリゲールは旅行の好きなワニ。
今日も列車にゆられて一人旅・・・。

で。行き着いたのは・・・。
ベイントンデパート!
お腹がすいていたアリゲールは、お金もないのに
デパートの食堂でたらふく、お料理を食べてしまう。
結果、お金がないので代わりにデパートで働くことに・・・。
しかし、何やってもうまくいかなくて・・・。

てな話。
失敗ばかりのアリゲールが、最後は意外なやり方で、
デパートに貢献!
てストーリーが楽しい絵本なんですが、
それより何よりいいのが細かく書かれたデパートの様子でしょう。

私ら(娘と私ね)親子二代、めっちゃデパート好きなんです。
毎週デパート行ってるかもわからん・・・
(てか、娘のお稽古のついでなのね←いいわけ)
なので、細かく描かれたデパート店内の様子に、大興奮。
デパートあるあるで盛り上がりました。

作者の植垣さんは、それ、想定済みで書いてると見えて、
イラストの中に、たくさんのお客さんのサイドストーリーを
ちりばめてるんですねー。
本のそでに、「探してみてね」とアリゲール以外のデパートのお客さんの
イラストが描いてあるんですが・・・。
その人たちを追って、絵本を読み返すと、
また違うストーリーが浮かび上がってくるというしかけで、
これがまことに楽しいです。

まさに、一粒で何回も楽しめる絵本!

アリゲール、また他の場所にも旅にでないかな~?
シリーズ化を求めます!


[2013/04/23 06:33] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)

どうしよう! 

私、この方の絵本、すきだわっ。

どうしよう!
どうしよう!マーク・ローゼンタール アイリーン・ローゼンタール

クレヨンハウス 2013-01-21
売り上げランキング : 268917


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作者は、「こんな町、つまんない!」の作者、
マーク・ローゼンタールさんの奥さんだって。
イラストは夫のマーク・ローゼンタールさん。

主人公のぼくは、ぬいぐるみのポポが大好き!
けれど、飼ってるねこのミュウもポポが大好きで・・・。
二人(一人と一匹)で、ポポのとりあいっこ!
勝手にポポをくわえていっちゃうミュウから、
ぼくはポポを取り返すのだけど?

本人は気づいてないけど、実は・・・
っていうのが「こんな町つまんない!」と同じ手法だなぁと。
実は、ミュウの方が一枚も二枚も上手なんですよ。
「ぼく」は気づいてないんだけど、
ほらっミュウが見てまっせ!って声をかけたくなっちゃう!

シンプルかつ、レトロな絵も相変わらずかわいいっす。
不機嫌な男の子の表情が好きなんだよねー!

[2013/03/13 14:38] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)

たのしいキリンのかいかた 

これはおもしろかったー!

たのしいキリンのかいかた: コアラ、ペンギンからゾウ、パンダまでたのしいキリンのかいかた: コアラ、ペンギンからゾウ、パンダまで
齋藤 勝

学研教育出版 2012-11-20
売り上げランキング : 25079

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


普通なら動物園でしか飼えないであろう
動物たちを、家で飼うとしたら・・・どうなる!?
という発想で描かれた絵本。

ライオンに、ゾウにゴリラに・・・。
家で飼うなんてありえないじゃーんって子どもたちに言われそうなんだけど、
動物たちの食べ物、寝床、糞の始末の仕方・・・
などなど飼育のポイントがかなり詳しく具体的に紹介されてるため、
むむっ。もしや、飼えるのでは?
という気持ちに錯覚させられるのが楽しいです。

ライオンは1日7㎏の生肉を食べる、とかねぇ。
ダチョウは針金やゴムなど、何でも口に入れるから気をつけようとか。
コウモリはうんちやおしっこをたくさん出すから、新聞紙をひいておこう、とか。

なぜか、家で飼えること大前提で進んでいくお話・・・。
けど、悪のり(ダチョウは時速60キロで走れるから、自転車代わりにいいかも!とかね)
な説明も多くて、その嘘とほんとのバランスが絶妙だわー。

どの動物にも「飼いやすさ」が★マークで示されており。
うちの娘はそこに興味津々。
「パンダは★一個だから、飼うの無理だなー。
 らくだは★五個か・・・。これならいけるのか・・・。」
なんて言いながら読んでたから、
うん。絵本としては大成功なんだろうな。
[2013/02/28 14:24] ユーモア・ナンセンス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。